編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

リバーベッド、Application Delivery Controllerをサービスとして提供する新基盤を発表

ZDNet Japan Staff

2013-06-05 16:23

 リバーベッドテクノロジーは6月4日、企業内などでIT部門が社員向けに、パフォーマンスが安定した状態でアプリケーションを利用できるようにするといった目的で利用するアプリケーションデリバリコントローラの機能を、サービスとして利用できる新たなプラットフォームをリリースしたと発表した。

 製品名は「Stingray Services Controller」。アプリケーションデリバリをサービスとして配信する「Application Delivery Controller-as-a-service (ADCaaS)」を実現するとしている。SDN(Software-Defined Network)を含め、さまざまなネットワークアーキテクチャで利用できるという。

 クラウドプロバイダーなどが利用すると、Application Delivery Controller(ADC)のインベントリを自動的に提供し、導入、ライセンス付与、スケーリング、管理などをサービスとして提供できる。なお、ADCは従来ロードバランサと呼ばれていたもの。

 スケーリングに柔軟に対応する課金モデルも特徴としている。

 従来不満があった事柄--ADCサービスの導入に数日、数カ月掛かる、マルチテナントのためアプリケーションまたはテナントあたりのパフォーマンスを保証できない、ADCの運用をスケーリングする場合にリアルタイムでの動的なサイズ変更をするのではなく、より大きいボックスを使用して過剰容量を事前に調達する必要がある、手間のかかる変更管理プロセスにより、ADCの運用の負担が大きい--といった問題を解決できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]