編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

SAS、顧客分析ソフトを刷新--オンラインとオフラインの統合、リアルタイムがカギ - (page 2)

怒賀新也 (編集部)

2013-06-18 16:27

収益の25%にアナリティクス絡み

 この日、SAS Instituteの北アジア地域担当Customer Intelligenceプラクティス・リードのEric Sandosham氏が、導入事例の1つとしてCitibankでの業務改革を紹介した。

 自らが元Citibankアジア太平洋地域のDecision Management部門責任者だったSandosham氏。当時の課題は、富裕層顧客による収益性を15倍に引き上げること、クレジットカードや提携カード、ローンの収益性の向上などさまざまあったという。

 この解決策として、SASの導入に際し、富裕層のセグメント化や商品組み合わせについての洞察、顧客と代理店のマッチングなどのさまざまな施策を実施した。

 その結果、収益の25%に分析ソフトウェアが貢献し、投資対効果は50倍に上ったという。クロスセルが26%向上し、1カ月平均で200キャンペーンを実施したことも導入効果として挙げている。商品収益性、販売生産性、販売範囲がいずれも向上したとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]