編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マルウェア対策製品が脅威管理市場を牽引--IDC調査

山田竜司 (編集部)

2013-07-16 17:06

 IDC Japanは7月16日、2012年の国内セキュアコンテンツと脅威管理市場の規模実績、および2017年までの予測を発表した。2012年の国内セキュアコンテンツと脅威管理製品市場の市場規模は1402億円で、前年比成長率は4.6%だった。

 2012年の国内セキュアコンテンツ/脅威管理市場は、標的型攻撃や情報漏えいなどの事件が相次いで発生し、さらにモバイルデバイス向けのマルウェアが急増したことで、需要が高まった。市場全体の7割超を占めるソフトウェアが、標的型攻撃やモバイルデバイスのマルウェアへの対策ニーズによるものである。


国内セキュアコンテンツ/脅威管理製品市場 機能別売上予測: 2012年~2017年

 この傾向により、2013年以降もエンドポイントセキュリティを中心に、セキュアコンテンツと脅威管理市場が拡大する見込みという。同市場の2012年~2017年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は3.6%で、市場規模は2012年の1,402億円から2017年には1671億円に拡大するとしている。

 IDC Japanは、このような現状に対し、「さまざまな情報漏えい事件の影響により、ユーザー企業では運用管理負担が増している。加えて事業継続性の観点からも自社所有のリスクが見直されており、中堅企業でも使えるようなクラウドサービスの利用がセキュリティ分野でも求められる」と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]