編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

サイオス、クラウドDWH「Treasure Data Platform」の可視化サービス

山田竜司 (編集部)

2013-08-30 15:47

 クラウド上でデータを蓄積、分析するサービス「Treasure Data Platform」にあるデータをオープンソースソフトウェア(OSS)で可視化するサービス「SIOS OSSDashboard」の提供を開始した。標準仕様の初期導入設定費用が25万円、専用サイトの月額利用料が1万5千円から。


SIOS OSS Dashboard

 クラウドでのデータウェアハウス(DWH)とも言えるTreasure Data Platformは、Amazon Web Services(AWS)上で分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」を応用したデータ分析サービス。サイオスは2012年10月から販売している。

 今回、サイオスが提供するOSS Dashboardは、データをチャートなどに表示するOSSツール「ccchart」を使って、分析結果のレポーティングやKPIのモニタリングを容易になるという。Treasure Data Platformから必要なデータを取り出すための設定サポートや、データ可視化のためのダッシュボード機能をクラウド上で提供し、3日から1週間程度で導入できるようにした。

 また、ソースコードをダウンロードして顧客の保有するサーバに導入することも可能であり、既存のデータベースとの連携やダッシュボード機能のカスタマイズなど、ユーザー企業が保有するデータに合わせたシステム構築にも対応するとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]