日本オラクル、CMS「WebCenter」にモバイル端末からの編集、管理機能を追加

2013-09-18 18:56

 日本オラクルは9月18日、コンテンツマネジメントシステム(CMS)「Oracle WebCenter」の最新版を提供開始した。最新版では、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末への対応を強化した。

 Oracle WebCenterは、ユーザーインターフェイス、ユーザーエクスペリエンスの管理、ドキュメントや画像・動画ファイルなどのコンテンツ管理機能を持つ。


さまざまなデバイスに最適な表示が可能になり、モバイルデバイスからの編集にも対応する

 Oracle WebCenter最新版では、一度作成したウェブサイトをモバイル端末の環境に合わせて編集、展開、管理できる機能が加わる。企業内またはクラウド上にある画像や動画などのデジタルコンテンツを状況に応じて表示し、モバイル向けに展開できる。また、関連する検索結果を同時に提供することで、顧客の関心を高め、ウェブサイトへ誘導しやすくする。

 さらにiOSとAndroidに対応するモバイル端末専用のアプリケーションを提供し、外出先からビジネスドキュメントへアクセスできるようになる機能のほか、デスクトップやモバイル端末ごとに適した専用ページを、ウェブブラウザ上で一元的に作成できる機能などが追加された。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]