編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2017年のクラウド向けサーバ市場は2.5倍に--IDC予測

山田竜司 (編集部)

2013-10-18 12:01

 IDC Japan は10月17日、2012年の出荷実績や市場動向などにもとづき、国内でプライベート、パブリックなどのクラウドサービス基盤構築向けに出荷されたサーバの市場動向を予測した結果を発表した。2012年のサーバ市場全体におけるクラウド向けサーバの比率は台数と金額ともに7%程度となっている。

 2017年の国内クラウド向けサーバ市場は、出荷台数が2012年の2.4倍にあたる10万1900台、金額は同2.5倍の859億7700万円と予測した。2012~2017年の年平均成長率は、台数ベースで19.5%、金額ベースでは19.8%を見込んでいる。

 2012年の内訳は、台数ベースでプライベートクラウド向けが30.7%、パブリッククラウド向けが69.3%。金額ベースでは同87.4%、12.6%だった。

 一方、2017年の内訳は、台数ベースでプライベートクラウド向けが37.8%、パブリッククラウド向けが62.2%。金額ベースでは同90.4%、9.6%と予測している。

 パブリッククラウド向けの金額が9.6%にとどまるとの予測には、この分野のサーバでは、単価が低く機能的な差別化も難しいx86サーバを採用するケースが大半であることが理由としている。

 IDCは国内サーバ市場のビジネス構造が複雑化していると指摘。サーバの所有者と利用者の分離、利用形態の複雑化、処理対象となるデータ量や種類の増加、これらに伴ってハードウェアに求められる要件が変化していることなどが背景にあるとしている。

 IDC Japanは、今後サーバベンダーはより高い成長が見込めるクラウドサービスの提供やクラウド基盤構築向けサービスを拡充する必要があると提言している。


2012~2017年 国内クラウド向けサーバー市場 出荷額/出荷台数予測(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]