編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

米オラクル、DBバックアップ専用機--変更されたデータだけを逐次格納

山田竜司 (編集部)

2013-09-26 20:37

 米Oracleは米国時間9月23日、データベース保護に特化したバックアップ向け専用機(アプライアンス)「Oracle Database Backup Logging Recovery Appliance」を発表した。9月22日から開催されている「Oracle OpenWorld 2013」の中で発表された。ハードウェアとソフトウェアを最適化して作り込むEngineered Systemの一環になる。

 今回のアプライアンスは、データベースの中の変更されたデータだけを逐次処理して格納することで、バックアップ時に本番用のサーバやネットワークに与える影響を抑えられるという。作業履歴情報(REDO)ログデータを継続的にアプライアンスに送信し続けることで、失われるデータを1秒未満に制限できると説明している。

 データベースのバックアップでは、全てのデータを定期的にバックアップするのが一般的だ。「Oracle Database」に組み込まれたバックアップ用のアルゴリズムでデータベースの変更データだけをアプライアンスに送信する。

 アプライアンスの発表にあわせて、パブリッククラウド「Oracle Cloud」上にバックアップできる「Oracle Database Backup Cloud Service」も発表した。プライベートクラウドで稼働するOracle Database上のデータを直接バックアップしたり、今回のアプライアンスから複製を作ったりすることも可能としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]