マイクロソフト、Azureでコンピューティング集中型インスタンス2種類を正式運用

ZDNET Japan Staff

2014-01-31 18:49

 日本マイクロソフトは1月31日、パブリッククラウドサービス「Windows Azure」に、コンピューティング集中型インスタンス「A8」「 A9」を追加し、同日から正式に提供を開始した。

 A8とA9は、通常のサービスよりも処理能力を高めるため、より高速なCPU、多数の仮想コア、大量のメモリ、40GbpsのInfiniBandネットワークを搭載している。リモートダイレクトメモリアクセス(RDMA)技術によって、並列プログラミングの規格である「並列Message Passing Interface (MPI) 」アプリケーションの効率を最大限に高められるとしている。

 コンピューティング集中型インスタンスは、リスク管理や保険数理計算、CAE(Computer Aided Engineering)、レンダリング、科学技術計算、創薬研究など、非常に高い数値計算能力とネットワーク能力が求められるアプリケーションの実行に最適だとしている。

 価格は以下の表の通り。


ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]