編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

シスコ、スウェーデンのTail-f Systemsを買収へ--IoT戦略など強化

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-06-18 15:56

 Ciscoのモノのインターネット(Internet-of-Things:IoT)戦略における最新の動きは買収という形になるが、この買収は人材の獲得が動機となっているようだ。

 買収対象のTail-f Systemsは、ストックホルムを本拠とする企業で、従来型ネットワークと仮想ネットワーク向けのマルチベンダー型ネットワークサービスオーケストレーション製品を扱っている。

 サンノゼに本社を置くCiscoは、Tail-fのネットワークサービスオーケストレーション技術を、Ciscoのサービスプロバイダークラウドおよび仮想化ポートフォリオと統合する予定だ。これにより、物理ネットワークと仮想ネットワークのプロビジョニングと管理の自動化(そして可能であれば簡素化)を計画している。

 しかし、Tail-fは今後もある程度の独立性を保ち、同社の製品は引き続き独立採算制の下で販売される予定だ。現在の顧客には、将来の販売に関する質問があれば、顧客担当者に問い合わせるよう勧めている。

 Ciscoのシニアバイスプレジデント兼事業開発責任者のHilton Romanski氏は、米国時間6月17日のブログ記事で、Tail-fの頭脳集団の価値と、Ciscoの現時点で最も重要な事業戦略においてTail-fが魅力的である理由を詳しく書いている。

 Tail-fの革新的で才能にあふれたチームは、NETCONFプロトコルや、データモデリング言語YANGの開発と実装においても、ソートリーダーの立場にある。これらはネットワークの簡素化と自動化を目指す上で、業界をリードするアプローチだ。Tail-fには、才能あるエンジニアが集まった素晴らしいチームもある。Tail-fの人材と技術がCiscoの既存製品と1つになれば、Ciscoのネットワークオーケストレーションへの取り組みが強化され、物理ネットワークと仮想ネットワークの両方のプロビジョニングと管理を簡素化し、自動化するのに役立つだろう。

 この買収は2014年会計年度第4四半期末までに完了する見込みであり、Ciscoは約1億7500万ドルの現金と、リテンションを目的としたインセンティブを支払い、Tail-fの全株式を取得することに合意している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]