編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

シスコ、「Internet of Everything」の展望を明らかに--「IoT」との違いは

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-05-22 15:19

 サンフランシスコ発--ネットワーク機器大手のCisco Systemsは、同社の長期的成長に向けた最大の賭け、そして同社セキュリティ部門のさらなる強化について発表し、「Cisco Live」を締めくくろうとしている。

 Ciscoのソフトウェアおよびサービスプラットフォーム担当シニアバイスプレジデントのMala Anand氏は、米国時間5月21日に行われた基調講演の機会を使って、「モノのインターネット(Internet of Things、IoT)」と「Internet of Everything(IoE)」の違い(少なくともCiscoから見た違い)を明らかにした。

 Anand氏によれば、IoEは、IoTを出発点としているという。同氏は「モノのインターネット」を、以前は接続されていなかったデバイスに接続性をもたらす動きだと説明している。

 Anand氏は「IoEは、大規模なビジネスの転換が見込まれるパラダイムだ」と述べたうえで、IoEがすぐに19兆ドル市場に成長するという、Cisco幹部が以前行った予測を繰り返した。

 Anand氏はIoEでの接続方法には、「machine-to-machine(M2M)」(ロボット、センサなど)、「machine-to-people」、「people-to-people」(ソーシャルネットワーキング)の3種類があると説明した。

 Anand氏は、このIoEの世界では、超分散型環境の出現で、これまでとは異なるレベルの複雑さが生じるとした上で、相互運用性を推進し、価値とビジネスモデルの新たな供給源を拡大できるプラットフォームをサポートする、パートナーエコシステム構築の必要性を強調した。

 今週行われているCisco Liveの最終日前に、あまり目立たない形で発表されたのは、サンノゼに本社がある同社が、ニューヨークに本拠を置き、マルウェアや脅威の情報を扱うThreatGRIDを買収するという計画だ。

 ThreatGRIDは、ファイルの挙動を分析するテクノロジを専門としている。そうした分析によって、攻撃をピンポイントで特定し、将来の進化した攻撃に備えることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]