米株式動向

IoTの果実が実るのはまだ先か--7日の米IT株動向

ZDNet Japan Staff

2014-05-08 14:23

 5月7日のダウ平均株価は、前日比117.52ドル(0.72%)高の16518.54ドル。IT企業の多いNASDAQ平均株価は前日比13.09ドル(0.32%)安の4067.67ドル。S&P 500は10.49ドル(0.56%)高の1878.21ドルだった。

7日の米平均株価。DJIがダウ、INXがS&P500、IXICがNASDAQ。(出典:Google Finance)
7日の米平均株価。DJIがダウ、INXがS&P500、IXICがNASDAQ。(出典:Google Finance)

 IT分野の主要企業の動きは以下の通り。表の17社中、上昇したのは9社、8社が下落した。上昇率が最も高かったのは0.93%高のMicrosoft。下落率が最も高かったのは1.95%安のFacebookだった。

 この日0.66%上昇したCisco Systemsについて、投資情報サイト「Seeking Alpha」は「新興国市場向けの取引が減少したことは不安材料だ」と指摘。Alcatel-Lucentがライバルとして浮上してきていると分析した。一方、モノのインターネット(Internet of Things)の領域で、Ciscoが大きな存在感を示しているとする一方、業績から分析すると、IoTの果実は必ずしもすぐに実るものではないかもしれないと説明していた。

(出典:Google Finance www.google.com/finance)
(出典:Google Finance www.google.com/finance)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]