編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
米株式動向

Amazonが10%近い下げ--25日の米IT株動向

ZDNet Japan Staff

2014-04-28 12:39

 4月25日のダウ平均株価の終値は、140.19円(0.85%)安い1万6361.46ドルだった。IT企業の多いNASDAQ平均株価は前日比72.77(1.75%)ドル安い4075.56ドル。S&P 500は15.21(0.81%)ドル安い1863.40ドルだった。

25日の米平均株価。DJIがダウ、INXがS&P500、IXICがNASDAQ。(出典:Google Finance)
25日の米平均株価。DJIがダウ、INXがS&P500、IXICがNASDAQ。(出典:Google Finance)

 IT分野の主要企業の動きは以下の通り。表の17社中、上昇したのは3社、残り14社が下落した。上昇率が最も大きかったのは、5.25%上昇したNTT Docomo(ADR)だった。下落率が最も高かったのは9.88%下げたAmazon.comだった。

 Amazonは4月24日の取引終了後に、第1四半期決算(3月31日締め)を発表した。Amazonの純利益は1億800万ドル(1株あたり23セント)だった。非GAAPベースの利益は1株あたり23セント、売上高は前年同期比23%増の197億4000万ドルだった。ウォール街の予測は、売上高194億3000万ドル、1株あたり利益23セントだった。

 しかし、株価は大幅に下落。第2四半期に営業損失を計上するとの見通しを示したことを、市場が嫌気したとの報道がある。

 一方、予測を上回る会計年度第3四半期決算(米国時間3月31日締め)を発表したとされるMicrosoftの株価は、0.13%上昇した。

 全体として、NASDAQの下落が示しているとおり、ハイテク株の下げがきつい展開だったと伝えられている。

出典:Google Finance www.google.com/finance)
出典:Google Finance www.google.com/finance)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]