編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

アカマイ、インターネットの現状に関する四半期報告を発表--DDoS攻撃は小康状態に

Larry Dignan (CNET News) (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-06-30 12:59

 Akamaiが発表した「State of the Internet」(インターネットの現状)レポートによると、企業分野を標的とするDDoS攻撃は前四半期に比べると減ったとはいうものの、前年同期に比べると11%増えたという。

 同レポートで重要なのは、その傾向が不安定であるという点だ。Akamaiによると、第1四半期には企業サービス業界や金融サービス業界がそれほど標的とはされなかったため、企業分野への攻撃は前四半期より49%減ったという。

 公共サービス分野への攻撃は、シンガポール政府への攻撃が原因となって大きく増加した。業界全体を見た場合、攻撃は上昇傾向にある。またAkamaiは同じ標的への度重なる攻撃にも着目し、4社に1社は複数回攻撃を受けていると報告している。

 2014年第1四半期にDDoS攻撃を受けた164の組織のうち、43の組織(26%)は繰り返し攻撃を受けたという。また、同四半期に5回以上攻撃を受けた組織は5つあり、最も多いところでは17回の攻撃を受けたという。

 この統計結果で重要なのは、セキュリティはスポーツに似ている、つまり相手チームから阻止されるまで同じ攻撃を何度も続けるという点だ。




この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]