編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

CA、arcserve事業を投資会社に分割譲渡

NO BUDGET

2014-07-09 19:22

 米国CA Technologiesは7月7日、CA arcseveデータ保護事業を投資会社の米国Marlin Equity Partnersへ分割譲渡することで最終合意に達したと発表した。

 この取引は、2015会計年度第2四半期に完了する見込みで、取引条件は非公開。全てのarcserveデータ保護事業は、非継続的事業として認識される。

 arcserveは、企業がミッションクリティカルなシステムや、アプリケーション、データの可用性を確保できるよう支援するバックアップ/リカバリソフトウェアだ。

 CA Technologiesは、2015会計年度ガイダンスを更新するためにForm 8-Kを提出し、特定の財務情報を報告した。この取引の財務的影響に関する詳細は7月23日、CA Technologiesの第1四半期の決算発表時に公開される。

 CA Technologiesの戦略/企業開発担当 エグゼクティブ・バイス・プレジデントJacob Lamm氏は、以下のように述べている。

  「CAは、arcserveの顧客、パートナー、arcserve事業部門社員に対して円滑な移行を保証します。ビジネスの集中分野を絞り、製品ポートフォリオを積極的に管理し、中核分野への投資を強化していきます。同時に、CAの企業成長戦略にとって非常に重要なグローバルパートナー戦略にさらに力を入れていきます」

 Marlinのバイスプレジデント、Michael Anderson氏は、次のように話した。

 「私たちは、長期的な価値を生み出すためarcserveに対し、戦略的且つ実務的なサポートを提供し、さらにはこの移行を通じて、CA Technologiesと密接に仕事ができることを大変喜ばしく思います」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]