Microsoft WPC 2014

マイクロソフト、パートナーをクラウド事業に促すための新たな施策を発表

怒賀新也 (編集部)

2014-07-15 07:49

 Microsoftは米国時間の7月14日から4日間、米ワシントンD.Cで年次パートナー向けカンファレンス「Microsoft Worldwide Partner Conference 2014」(WPC 2014)を開催している。初日のキーノートを務めたのは、Microsoftの最高執行責任者(COO)であるKevin Turner氏だ。

ライバルと戦うのが好きと意気込んだKevin Turner COO
ライバルと戦うのが好きと意気込んだKevin Turner COO

 Turner氏は「MicrosoftはWindowsでPC市場の9割というシェアを取ってきた。だがスマートフォンやタブレットの台頭により、現在、端末シェアという意味では14%しかない。これはわれわれにとって大きなチャンス。挑戦者の気持ちで戦っていきたい」と話し、世界から集まった16000人以上というパートナーに協力を求めた。

 施策も発表した。パートナーをクラウドビジネスに移行させるために、クラウド向け施策をマイクロソフトパートナーネットワークに統合する。

 具体的には、クラウドに焦点を当てた新たな3つの「コンピテンシー」を追加する。コンピテンシーは事業展開内容ごとにパートナーが所属するカテゴリーのようなもの。

 新設されたのは、Office 365を中小企業向けに提供するパートナー向けの「Small and Midmarket Cloud Solutions」、Office 365をエンタープライズ顧客向けに提供する「Cloud Productivity」、Microsoft AzureをベースにIaaSやPaaS、SaaSなどに特化したサービスを提供する「Cloud Platform」の3つ。

 これに伴い、従来から提供していた「Cloud Accelerate」「Cloud Deployment」「Azure Circle」の3つのコンピテンシーを消滅させる予定で、ここに所属していたパートナーには新設のコンピテンシーへの移行を案内するとしている。

 このほか、AzureやOffice 365を自社内で利用するパートナー向けの特典などについても発表した。これについては別の記事で紹介する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]