編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBM、「System x M5」サーバの新製品を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-09-09 12:21

 IBMは米国時間9月8日、新たに一連のx86サーバ製品を発表した。これらの製品はLenovoへのPCサーバ事業売却が完了した暁には同社に引き渡されることになる。

 この動きは、Lenovoによるサーバ新製品の発表と歩調を合わせたものとなっている。両社によると、これらのサーバ製品群はLenovoがIBMのローエンドサーバ事業を買収した後も引き続きサポートされるという。

 IBMの「M5」ポートフォリオは、ラック型やタワー型、ブレード型、高密度型、統合型といったシステムを中心に展開されている。IBMはクラウドコンピューティングやエンタープライズアプリケーション、ビッグデータに至るまでの幅広いコンピューティングユースケースを網羅しようとしている。また、IBMは同社の「Trusted Platform Assurance」に従ったセキュリティも組み込んでいる。

 IBMによると新たなサーバには「Xeon E5-2600 v3」プロセッサと、最大1.5テラバイトのメモリが搭載されるという。

 IBMの「System x M5」サーバには以下の製品が含まれている。

  • 「System x3650 M5」:2Uサイズで2ソケットのラック型サーバ
  • 「System x3550 M5」:1Uサイズで2ソケットのラック型サーバ
  • 「System x3500 M5」:5Uサイズで2ソケットのタワー/ラック型サーバ
  • 「Flex System x240 M5」:仮想化およびエンタープライズアプリのために設計されたサーバ
  • 「NeXtScale nx360」:1Uサイズの高密度サーバ
  • 「NeXtScale System with Water Cool Technology」:直接水冷方式を採用したサーバ

NeXtScale System with Water Cool Technology

 またIBMは、これら基本的なサーバ製品を用いた特定用途向けのシステムも発表した。例を挙げると、これら最新サーバとVMwareの「Virtual SAN」を組み合わせた製品や、「Microsoft SQL Server 2014」を組み合わせた製品、Citrix SystemsやVMwareのデスクトップ仮想化システムを組み合わせた製品、Microsoftの「Hyper-V」を組み合わせた製品などがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]