編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Canonical、OpenStackディストリビューションを披露--OpenStack Summit開幕

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-11-04 15:09

 パリ発--Linuxディストリビューション「Ubuntu」で最もよく知られるCanonicalが、デスクトップ向けLinuxやモバイル向けLinuxではなく、クラウドベースのLinuxに焦点を定め直すことに疑問を抱いていた人もいるかもしれない。しかし、そうした疑念はOpenStack Summitで解消された。

 確かに、Canonicalは先頃、Ubuntuの最新バージョンである「Ubuntu 14.10」をリリースしたばかりだが、リリースの本当の変更点はデスクトップユーザーではなく、「OpenStack」クラウド管理者を対象としたものだった。現在パブリックベータ版である「Canonical Distribution of Ubuntu OpenStack」について、Canonicalの創設者であるMark Shuttleworth氏は、「これは、ユーザーのプライベートクラウドのための完全なオートパイロットだ」と述べた。

 Shuttleworth氏は以下のように続けた。

 「Metal-as-a-Service(MaaS)を搭載した1台のラック、または10台のラックでCanonical Distribution of Ubuntu OpenStackを利用し、ストレージとソフトウェア定義ネットワーク(SDN)、ハイパーバイザに関する設定を伝える。そうすると、Canonical Distributionは自動的にクラウドを作成し、ユーザーに代わって管理と監視を行う。さらに、クラウドを完全にセキュアな状態に維持し、適宜、OpenStackの次期バージョンにアップデートする。これは、高性能なリファレンスクラウドを求めており、基盤となるインフラストラクチャよりも自分のアプリケーションとワークロードに注力したいと考えている人々に最適だ」

 これを実現するため、Canonical Distributionはシステム管理に「Canonical Landscape」を、DevOpsに「Juju」をそれぞれ使用する。さらに、このリリースはネットワークやストレージ、コンピューティングに関連する複数のベンダーコンポーネントもサポートする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]