編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「iOS」向け「Opera Mini 9」がリリース--動画再生がより快適に

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-11-07 13:09

 Opera Softwareは、「iPhone」および「iPad」向けの最新版「Opera Mini」を発表した。データ転送時の問題を軽減するデータ圧縮機能が組み込まれている。

 AppleのモバイルOS向けの「Opera Mini 9 for iOS」では、「Rocket Optimizer」技術を搭載している。これは、Operaが2013年に買収したビデオおよびデータ圧縮技術企業Skyfireから取り入れた技術だ。この最適化技術により、動画はよりコンパクトな形式へと再圧縮されるため、ユーザーは月間データ使用量の上限をあまり気にする必要がない。

 Operaは、新たな厳しい競争に対処するため、自社のブラウザラインアップの大幅な見直しを行っているところだ。同社のブラウザ「Opera Coast」のiOS版は、簡素化された新しいインターフェースになっている。そして、同ブラウザの「Android」「OS X」「Linux」「Windows」版では、「Chrome」が採用しているGoogleのブラウザエンジン「Blink」を使用するよう変更されている。こうした変更は、主にOperaの「Presto」エンジンの終わりを意味するものだ。

提供:Opera Software
提供:Opera Software

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]