編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

オラクル、「JavaCar」を公開

山田竜司 (編集部)

2014-12-06 07:00

 日本オラクルは、組み込み用途の「Oracle Java Embedded」やデータ分析基盤を活用し、Javaを実装するコンセプトカーを製作、12月4日からフリースケール・セミコンダクタ・ジャパンが開催する「フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン2014(FTFジャパン)」で公開している。

 このコンセプトカーでは、車載LANシステムを搭載したBMW X5を使用し、イータスが提供する運転時のエンジンを電子制御できるエンジンクルーズコントロール(ECU)や、診断ツール「INCA」から走行速度やエンジン回転数、アクセル開度などの車両情報が取得できる。

 フリースケールのマイクロプロセッサ「i.MX 6シリーズ」上でその車両情報を収集、送信し、センサを制御できる埋込みデバイス用「Java ME Embedded 8」、それらの情報をダッシュボードに表示する「JavaFX Embedded」が稼働している。

 車載LAN上のi.MX 6シリーズプラットフォームでは、車両の各種センサ情報を識別、集約してサーバへつなぐセンサのゲートウェイ機能として即時のイベント管理が可能なツール「Event Processing for Embedded」を搭載している。

 これらの車両情報を長期的に蓄積し、走行情報の分析および車両側へのフィードバックするサーバサイドには、「Oracle Linux」上に、アプリケーションサーバ「WebLogic Server」、インメモリデータグリッドの「Oracle Coherence」、 Event Processingを活用したインメモリプロセッシング基盤、「Oracle Database」によるビッグデータ管理、蓄積ができ、アナリティクス製品「Oracle Endeca Information Discovery」によるデータ分析基盤を構成している。

 このコンセプトカーは、「FTFジャパン」で初めて公開し、12月10日から12日まで開催される「2014 TRON Symposium」でもデモンストレーションや展示を予定している。


Javaを実装したコンセプトカー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]