編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

米英首脳、サイバーセキュリティ対策で協力拡大を表明

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2015-01-19 11:46

 Barack Obama米大統領とDavid Cameron英首相は、米国時間1月16日に行われた共同記者会見で、サイバー戦争やサイバー犯罪との戦いで両国間の協力体制を拡大していくと表明した。

 「増大しつつあるサイバー脅威という喫緊の課題に鑑み、われわれはサイバーセキュリティに関する協力関係を拡大した」とObama大統領は述べた。Cameron首相も、両国は「新しい脅威に遅れをとらない」ために「サイバーセキュリティでの協力を深めていく」と語った。

 両首脳は協力関係の拡大に関する詳細を明らかにしなかったが、英国の情報機関である政府通信本部(GCHQ)は現地時間1月16日、「米国のパートナー機関」(おそらく米国で最も働きの似た機関である米国家安全保障局(NSA)を指すと考えられる)と、「両国に活動拠点を置き、共同のサイバー関連組織を構築することでサイバーセキュリティに関する」協力体制を築くとウェブサイトで表明している。Cameron首相が16日にBBCとのインタビューで明らかにしたところでは、英保安局(MI5)と米連邦捜査局(FBI)も連携するという。

 「(この協力関係は)両国が互いのサイバー防御を強化することを目的としており、情報機関および法執行機関を連携させて各機関のスタッフを共同で配置し、着実かつ大規模な情報およびデータの共有を可能にするものだ」とGCHQは声明に記している。

提供:Jim Watson/AFP/Getty Images
David Cameron英首相(左)とBarack Obama米大統領
提供:Jim Watson/AFP/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]