モノのインターネットのためのOSに--「Snappy Ubuntu Core」の特徴とCanonicalの狙い

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年01月29日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者は間違っていた。Canonicalが「Docker」コンテナと軽量なLinuxディストリビューションを独自に組み合わせた「Ubuntu Core」を発表することを最初に知ったとき、Ubuntu Coreはおそらく純粋なサーバ向けOSだろうと筆者は思った。それは見当違いだった。「Ubuntu Linux」の親会社であるCanonicalは、Ubuntu Coreをモノのインターネット(Internet of Things:IoT)のためのOSにしたいとも考えている。

 UbuntuとCanonicalの創始者であるMark Shuttleworth氏はブログ投稿で次のように述べている。

 「標準的なプロセッサを基に構築された、素晴らしい技術革新からもたらされる、『インターネットに接続された、さまざまなスマートなモノ』によって、私たちの自宅や仕事、遊びが再定義されようとしている。そうしたプロセッサは、ほぼすべての『モノ』をスマートなモノに変えることが理にかなう程度までに、消費電力と価格が低下した。Ubuntuは既に、自動運転車から宇宙プログラム、ロボット、さらに時には空港のディスプレイまで、さまざまなデバイスに広く普及している。私は、当社が次の技術革新の波を支えられることに興奮を覚えているが、同時にそれに伴う諸々の責任についても十分に考えている。それを踏まえて、われわれは今日、多種多様なボードやチップ、チップセットで利用できる「Snappy Ubuntu Core」を発表する。この機敏なシステムとUbuntu Coreは、OSおよびアプリケーション向けのセキュリティアップデートを必要とするだけでなく完全な信頼性と自己修復能力も備えていなければならない、分散型のコネクテッドデバイスに最適だ」

 Ubuntu Coreが自己修復可能なのは、大半のOSと異なり、変更を施す必要があるときに、OSやアプリケーションにパッチを当てるのではなく、コンテナ化された軽量なスタック全体が取り替えられるからだ。さらに、Ubuntu Coreでは、個々のOSファイルとアプリケーションファイルが読み取り専用のイメージなので、マルウェアにも感染しづらくなっている。

 元々クラウドを想定して開発されたUbuntu Coreをさまざまなデバイスと効率的に連携させるため、Canonicalはハードウェア抽象化レベルをこの新しいUbuntuのバージョンに追加した。今回の初めてのベータリリース「Ubuntu Core on Internet Things」では、ARMv7アーキテクチャとx86-64アーキテクチャの両方がサポートされている。

 アーキテクチャに関係なく、Ubuntu Coreはクラウドでも、デバイスでも、同一のアプリケーションプログラミングインターフェース(API)とセキュリティアップデートを備えた、全く同じ単一のプラットフォームを提供する。Canonicalでデバイスエンジニアリング部門を率いるAlexander Sack氏は声明の中で、「組み込み型デバイス向けの開発がかつてないほど容易になった。クラウド上のUbuntu Coreは、テストと開発に理想的なプラットフォームだ。自分のデバイスをオンラインでシミュレートして、シミュレートされたデバイスを必要に応じて何千台も起動することができる」と述べた。

 Canonicalのデバイスエンジニアリング部門担当バイスプレジデントであるVictor Palau氏は、それをx86で試したければ、「余っているノートPCやPCが最初の開発ボードになる」と主張している。「古いPCを家庭用のストレージサーバに変えたり、余っているノートPCや仮想マシン上でロボットアプリのプロトタイプを作ったりすることも可能だ」(Palau氏)

 ARMv7側では、Ubuntuは多種多様なARMボードで動作する。Ubuntu Coreの最低動作要件は、600MHzのプロセッサと128MバイトのRAMだ。さらに、デバイスには、工場出荷時の状態へのリセットとシステムのロールバック用に4Gバイトのフラッシュも必要だ。Ubuntu Core自体は40MバイトのRAMしか利用しないため、残りのストレージはアプリケーションに使うことができる。CanonicalはARM開発者向けに、55ドルの「BeagleBone Black」と35ドルの「ODROID-C1」を推奨している。BeagleboneでUbuntu Coreをセットアップする方法について、Canonicalは詳細な手順を説明している。

 CanonicalのInternet Things部門担当バイスプレジデントであるMaarten Ectors氏は、「Ubuntuで、Internet Things向けのアプリストアがオープンした。Ubuntuによって、ノートPCで優れたデバイス向けに素晴らしいアプリを開発し、クラウド上でテストして、多様なデバイスで構成される世界市場に直接公開する一連の作業を容易に行うことができる」と語っている。

figure_1

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化