編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

IoTデバイス向け最軽量「Snappy Ubuntu Core」が公開

Rich Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2015-01-21 10:16

 「Ubuntu」がドローン、ロボット、スマートホームなどの分野にやってくる。

 Ubuntuの最軽量版「Snappy Ubuntu Core」が、スマートデバイスなどの「モノのインターネット(Internet of Things:IoT)」デバイス向けに公開された。ドローン、ロボット、スマートホームキットを開発するメーカーは同ソフトウェアを利用してデバイスの開発、シミュレーション、運用が可能で、顧客向けのアプリストア提供によりデバイスを継続してアップデートおよび改善できる。

 Ubuntuによると、特徴は安全性、信頼性のあるアップデート、Ubuntuエコシステムへのアクセスだという。

 Snappy Ubuntu Coreは、さまざまなインターネット対応デバイスに利用できる。デバイスは自動でアップデートでき、オープンソースのプラットフォームとプロトコルをベースとするクラウドベースのアプリストアを利用してセキュリティ目的のアップデート、汎用目的のアップデートを行うことができる。

 「Ubuntu Core」を利用した最初のドローンは、教育用途向けの「Erle-Copter」だ。このほかにも、Ubuntu Coreを採用したデバイスとして、オープンソースのスマートホームコントローラー「Ninja Spehere」がある。Ninja Spehereは元々はクラウドファンディングのKickstarterでスタートしたプロジェクトで、電気の消し忘れや鍵を置いた場所を知らせてくれるだけでなく、「Nest」「Tado」「Wemo」「Sonos」など他のスマートホームキットと接続できる。


教育用途向けドローン「Erle-Copter」は、Ubuntu Coreを搭載する最初のインターネット対応デバイスだ。
Erie

 Ubuntu Coreの目標は、クラウドからデバイスまで同じAPIを持つ単一のプラットフォームを構築することだ。プラットフォームを利用して開発者はデバイスのシミュレーションが可能で、多数のデバイスをテストして拡張性を確認することもできる。ARMv7とX86-64をサポートし、Ubuntuは標準的なPCを利用してデバイスのプロトタイプが可能としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]