編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

MSが提唱する「Windows as a Service」--考えられるプラス面とマイナス面

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-01-30 06:00

 Microsoftが先ごろレドモンドで開催した「Windows 10」デモイベントでの最も重要な発表は、Windows 10でも「Cortana」でもなく、ホログラムでもない。「Windows as a Service」の4語だった。

 Windows as a Serviceの兆候はかなり前からあった。そのコンセプトは、定期的にメジャーリリースが提供される巨大な製品から、アップデートと微調整がバックグラウンドで継続的に施される製品へとWindowsを変えていくというものだ。

 「Office 365」や、Googleの「Google Chrome」「Gmail」のような製品だと考えればいい。

 Windows 10はこの変化への道を開くプラットフォームとなるはずだが、それは始まりにすぎない。Windowsが大規模なリリースからサービスに変わることで、業界全体で大きな変化が起きるだろう。例によって、これにはプラス面とマイナス面の両方がある。

プラス面

1. MicrosoftはWindowsのバージョンよりデバイスの寿命を重視

 「Windows 7」「Windows 8.1」「Windows Phone 8.1」の全ユーザーにWindows 10への無料アップグレードを(リリース後の最初の1年間)提供するというMicrosoftの発表は、ほんの始まりにすぎなかった。MicrosoftのOS担当エグゼクティブバイスプレジデントであるTerry Myerson氏は、さらに次のように説明した。

 「これは1回限りで終わるようなアップグレードではない。WindowsデバイスがひとたびWindows 10にアップグレードされれば、デバイスのサポート期間が終了するまで、無料で最新の状態に維持される。Windows 10によって体験が進化し、時間が経つにつれてさらに向上していく。新機能は準備が整い次第提供される。次のメジャーリリースまで待つことはない。われわれはWindowsをサービスと考えている。むしろ、今後数年は、世界最大のインターネットサービスの1つと考えてもいいかもしれない」(Myerson氏)

 これは、ハードウェア分野に対するMicrosoftの見方が大きく変わったことを示している。

 つまり、対応するハードウェアを使っていれば、ユーザーは常に最新のOSを利用できるということであり、それによって、古いバージョンのWindowsが使われ続けるという事態を防止できるはずだ。このモデルは、「iOS」や「OS X」、そして(あるべき姿の)「Android」の仕組みと同様のものであり、現在の消費者が求めるようになったものでもある。

2. Windows大統一

 MicrosoftはWindows 10で、PCとモバイルを隔てる柵をついに取り払おうとしている。これからは「Windows XP Professional」もなければ、「Windows Vista」もWindows 8.1も、「Windows Phone」もない。ただのWindowsだ。

3. ユーザーは無料のものを好む

 ユーザーは無料のものを好む。Windows 10を無料で入手できるというチャンスが話題を呼び、好意的に受け入れられることは間違いない。さらに、全ユーザーに無料アップグレードが提供されると発表されたため、消費者が次のリリースまで買い控えをしてPC販売が落ち込むこともなくなるだろう。

マイナス面

1. 将来的には料金が発生するのか

 Windows 10は、Windows 7、Windows 8.1、Windows Phone 8.1のユーザーに1年間無料で提供される予定だが、長期的なモデルについては疑問が残る。デバイスごとに料金を支払うモデルになるのか、1年契約になるのか。それとも、ユーザーのニーズに応じて複数の料金体系を組み合わせた形になるのだろうか。

 現在のところ、Microsoftは料金についてのコメントを控えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]