編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

ラック、ネットエージェントを子会社化

山田竜司 (編集部)

2015-03-30 17:24

 ラックは3月30日、ネットエージェント創業者などが持つ発行済株式の81.4%を取得する契約書を締結し、同社を子会社化すると発表した。ネットエージェントの他の株主とも譲渡交渉を進めており、ネットエージェントの発行済株式の全株取得を予定しているという。

 ネットエージェントは、2000年にネットワークセキュリティを担う企業として創業し、自社開発製品の販売、情報漏えい対策やフォレンジック調査などのサービスを提供している。

 ラックはネットエージェントと連携することで、実績、研究で培われたノウハウとネットエージェントの製品開発力を活かし、新製品や既存セキュリティサービスを効率化するシステムを開発、多様化する顧客ニーズに迅速に対応することが可能になるとした。ネットエージェントの子会社化により、セキュリティ関連事業を強化、収益力の拡大を加速化することを目指す。

 また、ネットエージェントは、ラックグループの経営基盤、事業基盤を活用することで、好調な情報セキュリティ市場を背景に、業績の拡大を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]