編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Androidフォン向け「Office」アプリ、プレビュー版が提供開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)

2015-05-20 10:34

 Microsoftは「Android」搭載スマートフォン向けに、予告していたタッチ操作優先のスタンドアロン型「Word」「Excel」「PowerPoint」アプリのパブリックプレビュー版を提供開始した。

 米国時間5月19日から入手可能になったこれらのアプリは、現在のAndroid版「Office Mobile」に置き換わるものだ。

 Androidフォン向けの新しいOfficeアプリプレビュー版は、Microsoftが5月14日にテスター向けにリリースした、「Windows Phone」向けにタッチ操作を優先したOfficeアプリに似ている(実際、このAndroid版とWindows Phone版は、基盤となる多くのコードが共通すると、Microsoftの関係者は述べていた)。

 Microsoftは2014年11月、Androidタブレット向けWord、Excel、PowerPointのパブリックプレビュー版をリリースし、2015年1月にはこれらのアプリを正式リリースした。また5月5日にはこれらのアプリのアップデート版をリリースした。このアップデート版はIntelのチップセットにネイティブ対応し、「Android Lollipop」をサポートしている

 今回の新しいAndroidフォン向けOfficeアプリのプレビュー版には、「Android KitKat 4.4」以降と、1Gバイト以上のRAMを搭載したデバイスが必要だ。

 Androidフォンのユーザーが今回のOfficeアプリプレビュー版をテストするには、いくつかの関門を通過する必要がある。

  • Office Android Previewグループに参加する
  • 「Google Play」のWordExcelPowerPointの各アプリのページにアクセスして、「テスターになる」
  • 約4時間待ってGoogle Playから許可の返答を受け取ってから、先述の各リンクをクリックしてダウンロードリンクを進み、Google Play Storeからアプリをインストールする
  • サポート、フィードバック、問い合わせのためにMicrosoftの「Google+」コミュニティーに参加する

提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]