「Red Hat Enterprise Linux Server for ARM」、開発者プレビューががリリース

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-26 14:32

 Red Hatは、64ビットARMアーキテクチャはデータセンターやクラウドでももう間もなく利用できると信じている。同社は米国時間6月22日、「Red Hat Enterprise Linux Server for ARM(RHELA)」の開発者向けプレビューを、アーリーアクセスプログラムの参加者らに提供開始した。2015年か2016年にもベータリリースとなりそうだ。

 米ボストンで開催中のRed Hat Summitで、Red Hatのオペレーティングシステムプラットフォーム担当バイスプレジデントのDenis Dumas氏は、ARMのフル対応に向けて作業を進めているとした。RHELAの開発者向けプレビューはRHEL 7.1をベースとしているが、x86のRHEL 7.1と全く同じというわけではない。

 Red Hatによると、RHELAは主要な機能の多くをそのまま維持するが、最新のLinuxカーネルに基づく特別な製品で、64ビットARM v8Aアーキテクチャをサポートする。ユーザーにはRHEL 7.1と同じ環境とツールを提供する。RHELAはさまざまなアーキテクチャ上でシームレスなユーザー体験を実現し、同時にパートナー、ISV、企業顧客向けのポーティングと開発を簡素化するという。

 RHELAの移植に時間がかかった理由は、ARMがAArch64アーキテクチャを設計する際、(ARMとARMの提携企業は)ファームウェア、カーネル、ライブラリ、コンパイラなど向けのポートや仕様情報を公開しなければならず、数百ものパッケージが影響を受けたためだという。

 RHELAは現在、RHEL 7の機能セットを主にベースとするプレビュー段階にある。プログラミング言語、パフォーマンスプロファイルとデバッグツール、サーバデーモン、新しいLinuxカーネルの知識のある開発者向けで、データセンターやクラウドでの実装の準備が整ったとはとても言えないが、そのうちに可能になりそうだ。

 開発スピードを改善するため、Red Hatは先にARMとの提携を強化している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]