編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

レッドハット、コンテナベースの「OpenShift Enterprise 3」をリリース

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-25 10:33

 Red Hatはクラウドがコンテナに向かうと信じている。同社は米国時間6月24日、プラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS)の最新版「OpenShift Enterprise 3」をリリースした。「Docker」コンテナ、「Kubernetes」のオーケストレーション、「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7」をベースとしている。

 OpenShift Enterprise 3は、コンテナベースのアプリケーションプラットフォームの提供を目的としている。開発者がこれを利用して、アプリケーションサービスの開発、実装、運用を安全で効率的にできるようにする狙いだ。これにあたって、同社は「OpenShift」ユーザーにコンテナ認定プログラム「Red Hat Container Certification Program」へのアクセスを提供する。

 大規模なデータセンターでコンテナ技術を利用する大企業向けに、OpenShift Enterprise 3はKubernetesも含んでいる。KubernetesはGoogleが開発するWeb規模のオープンソースコンテナオーケストレーションおよび管理エンジン。あらゆるGoogleプログラム、そしてユーザーによるGoogle検索でKubernetesが使われている。

 新しいコンテナインフラプラットフォームに加えて、OpenShift Enterprise 3ではアプリケーションプロジェクトの構築とコラボレーションを可能にする開発者向けのツールも拡充している。開発ツールはOpenShiftのWeb、Shell、あるいは統合開発環境(IDE)インターフェイスを利用する。

 これにより、「開発者は自分たちのアプリケーションコードをGITから直接プッシュでき、OpenShiftの革新的なsource-to-imageビルド機能を利用して、Dockerイメージビルドプロセスを自動化できる」とRed Hatは説明している。プログラマーや運用担当はまた、アプリケーション実装やロールバックを管理することもできる。

 OpenShift Enterprise 3には、「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」「Red Hat JBoss Web Server」、それに「Red Hat JBoss A-MQ」アプリケーションコンテナサービスのあるメッセージングサービスなど、「Red Hat JBoss Middleware」のポートフォリオも含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]