編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

レッドハット、モバイルソフトウェア分野でサムスンと提携

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-06-24 17:02

 Red Hatは昔から、Linuxサーバの世界で一大勢力を誇ってきた。今回、新しいソフトウェアスタックの開発とサムスンとの提携によって、Red Hatはモバイルビジネスユーザーを獲得するつもりだ。

 両社の共同発表によると、Samsung Business ServicesとRed Hatは以下のものを提供する予定だという。

  •  ビジネスアプリケーション:「Red Hat Mobile Application Platform(RHMAP)」上で動作し、ビジネスインテリジェンス、フィールドサービス、顧客サービス、在庫管理、販売カタログ、価格設定、注文、請求といった重要な人員管理やビジネスタスクに対応する、エンタープライズクラスかつ特定業界向けの一連のモバイルアプリケーション。これらのアプリケーションは、組織に特有のニーズに合うように、任意でカスタマイズや調整ができるように設計される。このモバイルアプリケーションはRHMAP経由で「Android」やそのほかのOS環境で動作する。また、一般的なエンタープライズバックエンドシステムに組み込めるように構成することが可能になる。
  •  開発者エコシステム:エンタープライズパートナーと開発者の新しいエコシステムを構築して発展させ、迅速な技術革新と、モバイル分野の既存および新興のニーズに対応するソリューションの有用性を促すツールとリソース。
  •  サポートサービス:顧客とパートナー向けの統合サポート、エンタープライズモビリティ管理(EMM)、Red Hat Mobile Application Platformの全世界での提供とサポートサービス。
  •  ビジネスコラボレーション:Red HatとSamsung Business Servicesは、両社の提携を通して開発されるソリューションに関して、共同のGTM(Go-To-Market)活動に積極的に関与していく予定だ。

 これらはすべて、Red Hatの新しいRed Hat Mobile Application Platformを中心にして構築される。このプラットフォームは、Red Hatが2014年10月に企業向けモバイルアプリケーションプラットフォームを提供するFeedHenryの買収で手に入れた技術を、Red Hatの「JBoss Middleware」および「OpenShift」PaaS(Platform-as-a-Service)ポートフォリオに組み込んだものだ。

 Red Hat Mobile Application Platformが目指しているのは、「フロントエンドアプリケーションの開発やバックエンドのシステム統合、DevOpsなどの各開発チームの枠を越えたコラボレーションを実現し、モバイルソリューションの開発、インテグレーション、導入、管理を簡素化し、促進する」ことだ。

 このプロジェクトはまだベータの段階にある。現在はRed HatのパブリックPaaSである「OpenShift Online」で提供されており、プライベートクラウド環境でのフルサポートは今後1年以内に「OpenShift Enterprise」で提供される予定だ。

 Red Hatはまた「FeedHenry」の名を冠したオープンソースの開発元(アップストリーム)プロジェクトを2016年に開始する意向も明らかにしている。FeedHenryのモバイルアプリケーションプラットフォーム技術など、最先端のオープンソースモバイル技術の開発に取り組むという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]