編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

オープンではないオープンソースプロジェクトを憂慮--MapR製品のエキスパートが語る

Toby Wolpe (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-09-01 06:30

 MapR製品のエキスパートであるTed Dunning氏によると、一部のプロジェクトはオープンソースを名乗っているが、その精神をないがしろにしているという。

 現在活動しているオープンソースプロジェクトは、必要不可欠なテクノロジを扱うものから、目的があいまいなものに至るまでさまざまだ。しかし、オープンソースのベテランであり、「Apache Hadoop」の指導的立場にいる同氏は、いくつかのプロジェクトが、さまざまな取り組みを実施したり、イノベーションを実現しているにもかかわらず、オープンな製品かつオープンなコミュニティという理念から逸脱していると考えている。

 Hadoopのディストリビューションを提供するMapR Technologiesのチーフアプリケーションアーキテクトであり、「Apache Mahout」と、「Apache ZooKeeper」「Apache Drill」というプロジェクトのコミッター兼プロジェクトマネジメント委員会(PMC)メンバーを務め、「Apache Storm」と「Apache DataFu」「Apache Flink」「Apache Optiq」のメンターという側面も持つ同氏は、一部のオープンソースがプロプライエタリソフトウェアの現代的な焼き直しになっていると考えている。

 同氏は「まさに焼き直しになっている。ただこれは、かつてクローズドだとされたものほど閉鎖的ではない。しかし、かつてのクローズドソースは、その名が示すほど閉鎖的でもなかった。当時の状況を振り返ってみるとDECも、またIBMでさえも、必要とする人々に対してコードのアクセスを許していた。そして、「HASP」(IBMメインフレームのスプール用プログラム)や「VMS」(DECのOS)のコードに変更を反映できた。つまり、当時の一般的な感覚は、皆で共有するというものだった。ただ、それが単一のベンダー内で起こっていただけの話でしかない」と述べている。

 「当時のコミュニティはとても生き生きとしていた。(彼らの)スタンスは公式にはオープンではなかったが、実質的にオープンだった。ひとことで言えば、クローズドソースなオープンコミュニティというとても風変わりな形態だった。その一方で現在は、オープンソースを名乗るクローズドなコミュニティというものが存在している」(Dunning氏)

 Dunning氏によると、オープンソースを名乗りながらもコミュニティという側面を重視していないこの種のプロジェクトは、ビッグデータフレームワークのHadoopを取り巻くエコシステムにも戸惑うほど多くあるという。

提供:MapR Technologies
MapR TechnologiesのチーフアプリケーションアーキテクトであるTed Dunning氏:「現在は、オープンソースを名乗るクローズドなコミュニティというものが存在している」
提供:MapR Technologies

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]