奏功するマイクロソフトのオープンソース戦略

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年04月14日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの前最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏はLinuxを「癌」と表現したかもしれないが、近年の同社はオープンソースを試すことに前向きな姿勢を見せている。

 新CEOのSatya Nadella氏の「MicrosoftはLinuxのことが大好きだ」という主張を完全に信じるのは難しいかもしれないが、同社は「.NET」開発フレームワークの大部分をオープンソース化して、オープンソースのウェブプログラミング言語「TypeScript」を公開したほか、長きにわたって同社に利益をもたらしているプロプライエタリな「Windows」を動かすコードを、将来的にオープンソース化する可能性までほのめかした。

figure_1
「MicrosoftはLinuxのことが大好きだ」と発言したNadella氏
提供:Microsoft

 オープン性に対するこうした限定的な譲歩は、戦略的な動きである。Microsoftの有料のソフトウェアやサービスにつながるテクノロジのユーザー数を増やそうとする試みだ。

 Microsoftのテクニカルフェローで「Microsoft Azure」担当最高技術責任者(CTO)のMark Russinovich氏は先頃開催されたChefConfイベントで、.NETを開放したことは「人々がそのほかのMicrosoftソリューションも採用する」きっかけになっていると述べ、「.NETを開放することで、ユーザーは、当社のほかの製品を利用してみようという気持ちになる。オープンソース化しなければ、そうはならないかもしれない」と結論づけた。

 オープンなテクノロジをライバルに対抗する武器として活用することを検討しているのは、Microsoftだけではない。CSCのLeading Edge Forumがまとめた研究報告書「Beware of Geeks Bearing Gifts」によると、競合他社より先を行くために、こうしたアプローチを採用する企業が増えているという。

 オープンソースへの進出から既に成果を得ている、とMicrosoftは公言する。Microsoftのマネージドランゲージチームでプログラムマネージャーを務めるKasey Uhlenhuth氏が先日執筆したブログ記事によると、Microsoftが2014年に.NETコンパイラプラットフォーム「Roslyn」のソースコードを公開して以来、このソースコードに貢献する開発者が急増しているという。

 Roslynは、プログラミング言語の「C#」と「Visual Basic」(VB)のオープンソースコンパイラとコード分析APIのセットを提供する。Roslynのソースコードは「Apache 2.0」ライセンスの下、GitHubで公開されている。

 Roslynの究極の狙いは、.NETをより魅力的なソフトウェア構築フレームワークにすることだ。Microsoftによると、Roslynのコード分析をAPI経由で公開することで、サードパーティーがC#やVBでのコーディングを簡素化するツールやアプリケーションを開発する「ハードルが下がった」という。MicrosoftがRoslynを改善すればするほど、Windowsと密接に関連する.NETフレームワーク向けにアプリケーションを開発したいと思う開発者が増えるはずだ。

 Roslynのコードのオープンソース化以来、同プラットフォームにコードを提供し、さまざまな問題を報告する開発者が顕著に増加している。

 「自分たちのチームが可能な限りオープンに作業を行い、コミュニティーと同じ貢献モデルを使用するワークフローに移行したことで、われわれは自分たちのコミュニティーエンゲージメントを3分の1の期間でほぼ2倍に拡大することができた」(Uhlenhuth氏)

figure_2
Roslynコミュニティーのユーザー数の増加
提供:Microsoft

 Microsoftはこうした成長の要因として、同社がRoslynを「完全なオープンソース」と評するプロジェクトとして運用するようになったことを挙げた。

 Uhlenhuth氏は、「われわれは開発と作業の全体をオープンに行う『完全なオープンソース』モデルを採用した」と述べた。

 「バグや設計に関するメモをGitHubの問題追跡システムに提出し、自分たちのコード変更のすべてをプルリクエストとして提出する。GitHubのコードレビューシステムを独自に利用し、『Markdown』を使って、複数の問題を関連づけたり、コードについて連絡したりする。さらに、プルリクエストに関して何を受け入れるのか、プルリクエストをマージするためにどのようなサインオフが必要なのか、どのようなスタイルガイドを推奨するのか、プルリクエストのクローズに許容される期間はどれくらいか(参考までに紹介しておくと、約10日)、ということについて、われわれはより明確な考えを確立することができた」(Uhlenhuth氏)

 Uhlenhuth氏は、このオープンソースシステムはもっと洗練されるべきだと認めているが、「Roslynを使用するコミュニティーのプロジェクトの量と質に基づいて考えると、自分たちのプラットフォームをオープンソース化した動きが正しかったことは明白だ」とも話している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]