MS、決算報告の事業区分を変更へ--2016年会計年度から

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-29 14:14

 Microsoftがまたしても、決算報告の方法を手直ししようとしている。

 Microsoftは、同社2016年会計年度(米国時間2015年7月1日から)より、新しい3つの事業区分に基づいた決算報告を発表する計画だ。これらの事業区分は、「Productivity and Business Processes」「Intelligent Cloud」「More Personal Computing」となっている。

 最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏は2015年6月、Microsoftの最新の企業ミッションについて説明した際、これらと同じ3つの分類を使っていた。

 Productivity and Business Processesは、法人および消費者顧客向けの「Office」および「Office 365」に加え、「Dynamics」と「Dynamics CRM Online」を含む。

 Intelligent Cloudは、「Windows Server」「SQL Server」「System Center」「Azure」「Enterprise Services」などのパブリック、プライベート、ハイブリッドのサーバ製品およびサービスを含む。

 More Personal Computingは、「Windows」OSのライセンス収入、「Surface」や携帯端末などのデバイス類、「Xbox」などのゲーミング製品、検索を含む。

 Microsoftは2013年、「Devices & Consumer Hardware」「Devices & Consumer Licensing」「Devices & Consumer Other」「Commercial Licensing」「Commercial Other」という5つの会計区分を発表しており、これを機にMicrosoft関係者は自社を「デバイス&サービス」カンパニーと呼ぶようになった。

 Microsoftは、現行の区分である2013年の区分において、Devices & ConsumerとCommercialでOfficeおよびOffice 365関連の売り上げを分けて報告するようにした。BingとMSNの結果はDevices & Consumerに組み込まれた。Windows、Server製品、Office 365(法人)、Dynamics CRMおよびCRM OnlineはすべてCommercialに含まれた。

 新たな構成は、いくつかの理由から興味深いものになっている。Microsoftは、コマーシャルクラウド製品とサービスのすべてではなく一部を新設の「Intelligent Cloud」にまとめている。Office 365とDynamics CRM Onlineは新しいIntelligent Cloudに含まれていない。Microsoft幹部は2015年に入り、コマーシャルクラウド関連の売り上げが2018年までに200億ドルに達する見込みであると述べている。

 また、Bingが「More Personal Computing」に含まれていることも興味深い。というのも、技術的に言えばBingはクラウドサービスである(それに、これまではMicrosoftの「Applications and Services Engineering Group」の一部となっていた)からだ。しかし、一見するといつもと違った分類に思えるかもしれないが、「Cortana」がBingを備え、さらにWindowsや「Windows Mobile」に組み込まれていることを考えると、不思議なことではない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]