初期投資を抑え本格的なIoT基盤を構築--AWS IoTを発表

怒賀新也 (編集部) 2015年10月09日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon Web Services(AWS)がネバダ州ラスベガスで開催中の年次イベント「AWS re:Invent 2015」の2日目の基調講演で、AWSはInternet of Things(IoT)システムを構築するためのプラットフォームを提供すると発表した。

 発表したのは「AWS IoT」。自動車や農業向けのデバイス、電球などにセンサを取り付け、デバイスからデータを受け取り、各種の処理を実行するための基盤という位置付け。

 センサから受け取ったデータをトリガーに、DynamoDBなどのデータベースや、分散データストリームをリアルタイムで処理するKinesis、ストレージへの画像のアップロードといったイベントを検知して、コードを自動実行させるLamdaといったAWSが提供する各種のサービスを稼働させ、業務的な効果を見込める。

 データ処理方法のルールを設定することによる自動化やデバイスがオフラインでも稼働する仕組みも組み込んでいる。

AWS IoTの基本的なアーキテクチャ。多数のデバイスを一元的につなぎ、運用するためのプラットフォームという位置づけ
AWS IoTの基本的なアーキテクチャ。多数のデバイスを一元的につなぎ、運用するためのプラットフォームという位置付け

初期投資を抑えた上でIoTの仕組みを構築できる

 一般に、自動車をはじめとした製造業者がIoT基盤を構築する場合、莫大な数のデバイスを同時接続し、大量データの処理を可能にする大規模な基盤を構築する必要がある。

 AWSが提供するIoT基盤では、企業が同様の仕組みを自社で構築する際にかかるハードウェア購入などの初期投資額を抑えられる。さらに、プラットフォームに接続するデバイスの数が増えたとしても、トラフィック数に応じて処理能力を増強でき、また常に最新版を利用できるといったパブリッククラウドの利点を生かすことが可能になる。

 AWS IoTを各種デバイスと通信させる際に用いるのは、HTTPSとMQTT(Message Queu Telmetry Transport)。AWS IoTとデバイス間の通信はすべて暗号化される。また相互認証を前提にしており、認証がなければデータは交換されない仕様になっている。

 ルールエンジンを搭載していることもAWS IoTの特徴。例えば、デバイスの認証時に、KinesisやS3、Redshift、Machine Learning、DynamoDBなどにデータを送信するように設定することも可能。工場において特定のポンプ圧のみのセンサデータのみを拾い集め、Redshiftを用いて分析するといった使い方が想定できる。

 デバイスではなく、プラットフォームであるAWS IoT側でルールを設定できるため、ユーザーは膨大な数のデバイスに触れることなく、効果的にメンテナンスできる。

BMWはセンサを使って地図を更新する仕組みをAWSのサービスで構築している
BMWはセンサを使って地図を更新する仕組みをAWSのサービスで構築している

デバイスがオフラインでも運用できる仕組み

 AWS IoTは、デバイス側が何らかの理由でオフラインになっている場合に、デバイスの「シャドー版」と呼ぶ領域を保持している。オフラインになったデバイスに向けてデータが送り続けられているような場合でも、AWS IoTのシャドー版がそれを受け取り、処理を継続する。デバイス側がオンラインに戻ったタイミングで、シャドー版にたまっていた最新の差分データをデバイス側に送ることで、デバイスを改めて最新の状態に戻し、運用を継続できるようにしている。

 今回、IntelやBroadcom、Arrow、Marvell、Mediatek、Microchip、Qualcomm、ルネサスエレクトロニクスといったハードウェアメーカーが、すぐにAWS IoTを利用できるようにハードウェアコンポーネントを含む「IoTスターターキット by AWS」提供している。AWS IoTで実現できるコネクテッドデバイスを迅速に開発するためのマイクロコントローラ、センサ、開発ボードを含んでいる。

Marco Argenti氏
AWS モバイル担当バイスプレジデント Marco Argenti氏

 AWSのモバイル担当バイスプレジデントを務めるMarco Argenti氏は、AWSがIoTに取り組む背景として、「日常的な製品にセンサを取り付けることでよりスマートになり、従来では考えられなかったような、データの変化をトリガーに動作するような製品を企業が消費者に提供できるようになる」と話す。

 「自動車に取り入れることで渋滞を緩和したり、手洗いの石けんがなくなったことをあらかじめ知らせるような機能により衛生面が向上したりなど、人々の生活の質が高まることにも意義がある」(Argenti氏)

 AWS IoTを利用している企業として、基調講演ではGeneral Electric(GE)やBMWを、そのほかヘルスケア分野でのPhillipsの名前を挙げた。Phillipsは700万以上の医療関連デバイスやセンサ、モバイルアプリケーションを管理している。AWS IoTを活用することで、異種混合デバイスからリアルタイムに送られてくるデータの取得や処理を容易に実行しやすくなると説明している。

 また、米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory:JPL)は、太陽系全体を見わたす計測機器を運用しており、宇宙からやってくるそれらのデータのほとんどをクラウドで処理しているという。JPLはAWS IoTを高く評価しており、現在利用しているAWSのクラウドサービスとIoTサービスを統合することをすでに決めている。

太田一樹氏
Treasure Data CTO 太田一樹氏

 AWSのクラウドインフラを利用して各種アプリケーションの連携サービスをSaaS形式で提供するTreasure Dataの創業者で最高技術責任者(CTO)を務める太田一樹氏は、AWS IoTについて「センサをつけたデバイスを手軽にクラウドに連携させるゲートウェイとして期待できる」と話す。

 「デバイスをネットワークにつないでデータをどう生かしていくのかを考え、試行錯誤する際のハードルが下がった」と評価する一方で、「IoTは事業としての収益性という意味ではまだ大きくないため、まずは様子見の段階でもある」とも話している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]