AWS、クラウドBIサービス「Amazon QuickSight」などを発表

Rachel King (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-08 11:17

 米ラスベガス発--Amazon Web Services(AWS)は当地で開催中の「AWS re:Invent」でストリーミングデータと分析のサービスを発表した。IoTの屋台骨としてのデジタルパイプラインの準備を進める格好だ。

 AWSのシニアバイスプレジデント、Andy Jassy氏は米国時間10月7日、「クラウドとAWSの動きは、開発者に自由を与え、自分で自分の行き先をコントロールできるようにするものだ。これがクラウドに対する情熱となっており、クラウドが急成長している理由だ」と述べた。

 だがビジネス面でのチャンスも成長を加速している。Jassy氏によると、AWSのランレートは73億ドルに達しているという。Amazonはこの春より四半期決算でAWSの業績を開示しており、AWSがAmazonにとってドル箱事業であることが明らかになった。

 AWSはこの日、「Amazon QuickSight」など複数の新サービスを発表した。

 Amazon QuickSightはクラウドベースのビジネスインテリジェンス(BI)サービスで、AWS(Amazonの「Elastic MapReduce」オープンソースフレームワーク、「RedShift」データウェアハウス、そしてSalesforce.comやOracleなどサードパーティのデータソース)に保存されているデータをクエリエンジンに移行させ、最短60秒で視覚化してくれる。

 ユーザーはグラフをキャプチャして社内の従業員や外部の提携先と共有できる。Jassy氏は、市場にある同様の製品と比較すると「10分の1のコスト」で提供するとした。


提供:Amazon Web Services

 QuickSightはプレビュー版として一部ユーザー向けに提供を開始した。その後AWSのUS East(北バージニア)、US West(オレゴン)、欧州(アイルランド)の順に提供し、世界レベルでは2016年にローンチとなる。

 AWSはこのほか、2年前のre:Inventで発表した「Amazon Kinesis」を土台に、「Kinesis Firehouse」として、APIコールを利用してWebやモバイルアプリからAWSにストリーミングデータを読み込むサービスも発表している。こちらは同日提供を開始した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]