編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

テラデータはIoTにも強い--名物CTOが語る「Analytics of Everything」の現実味

鈴木恭子

2015-10-27 15:49

 Teradataは10月18日、ユーザーコンファレンス「Teradata 2015 PARTNERS」で「Teradata Listener」を発表した。これは、センサデータなどのストリーミングデータをリアルタイムで収集し、「Teradata Database」やHadoopなどに連携させるソフトウェアである。

 Listenerのベースとなっている技術は、リアルタイムにストリームデータを処理する、オープンソースソフトウェア(OSS)の「Apache Kafka」だ。OSSのクラスタ管理ソフトである「Apache Mesos」も採用している。正式リリースは2016年の第1四半期で、日本でのリリースはその後になる予定だという。

 TeradataはListenerを「モノのインターネット(Internet of Things:IoT)の分析に優れたソフトウェア」としてアナウンスした。しかし、同社の最高技術責任者(CTO)を務めるStephen Brobst氏は、「ListenerはIoTだけに特化したものではない」と語る。

 バズワードともなっているIoTだが、同分野におけるListenerの優位性は何なのか。Brobst氏は日本メディアのグループインタビューに応じ、その詳細を語った。

重要なのは拡張性

――Listenerは他社のIoTソリューションと比較し、何が優れているのか。

 最初に明確にしておきたいのだが、ListenerはIoT専用のソフトウェアではない。扱うデータに(IoTデータの大半を占める)センサデータ“も”あると考えてほしい。例えば、金融のトランザクションやウェブでの行動履歴解析、さらにSNSなどのテキストデータなどもListenerの収集対象だ。

Listenerで収集対象となるデータリソース
Listenerで収集対象となるデータリソース。センサデータはそれらのうちのひとつにすぎない
Stephen Brobst氏
Teradata CTO Stephen Brobst氏。来日時はスーツを着ていたが、アロハシャツがトレードマークになっている

 Listenerと同時にIoTに最適な分析ソリューションとして「Teradata Aster Analytics on Hadoop」を発表した。Asterはリアルタイムでのデータ分析に優れたものだが、IoT専用という意味ではない。IoTはホットトピックでありユーザーにも理解されやすいので、それに応じる形でIoTを前面に出していると理解してほしい。

 ListenerやAster Analytics on Hadoopの優位性を挙げるなら、それは拡張性だ。IoTが普及すれば、センサデータなど(の非構造化データ)をリアルタイムに取り込むケースが増加する。そうした際に重要になるのが拡張性であり、われわれは顧客が求める拡張性に対して、十分に対応できると自負している。

――Teradataでは2013年より多様化するデータ構造を包括的に管理し、分析に活用していくためのアーキテクチャとして「UDA(Unified Data Architecture)」を提唱している。Listenerのリリースで、UDAは完成したと考えてよいのか。

 ListenerはUDAのパーツの1つだと考えてほしい。われれは、さまざまなデータソースやソフトウェアを連携したり、組み合わせたりしながらUDAの完成を目指している。例えば、(2014年4月に発表した)「Teradata QueryGrid」が連携するデータベースは、Teradata Databaseや「Teradata Aster」などのほか、SASやHadoop、さらにOracle DatabaseやMongoDBなども含まれる。

 今後もさまざまなデータベースにつなげられるよう、コネクタを提供していく。さらに2016年には、UDAをAWS(Amazon Web Service)やMicrosoft Azureといったクラウドにも展開する予定だ。

――ListenerはOSSで構成されている。OSSに対する取り組みを教えてほしい。

 われわれの考え方は、オープンソースのコミュニティが開発したすでにあるソフトウェアを改良し、価値を高めるという“ハイブリッド”的な考え方だ。今回発表したListenerは、顧客であるLinkedInが開発したKafkaをベースとし、その上にわれわれの独自技術を追加している。(6月に発表したSQLクエリエンジン)OSSのPrestoは、Facebookと一緒に開発している。Prestoは今後、Facebookとのジョイントベンチャーとして発展させていく予定だ。

Listenerのデータフロー
Listenerのデータフロー。KafkaやMesos、CassandraといったOSSが組み込まれている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]