編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
「Windows 10」法人導入の手引き

「Windows Update for Business」の展開方法と「CB/CBB」のサポート期間 - (page 2)

胡口敬郎

2015-12-08 07:00

Windows 10のアップデート提供モデル

 Feature Upgradeモジュールは、年に2~3回の頻度でWindows Updateから自動的に配信されてPCにインストールされる。先に述べた通り、もちろん無償だ。

 Feature Upgradeモジュールの展開については、個人利用やビジネス利用などさまざまなPCの用途を想定して、3種類の展開モデルを用意している。

 (1)常に最新のアップデートを提供する「個人ユーザー向け最新化モデル」(CB:Current Branch)、(2)企業や官公庁などの組織体でアップグレードのタイミングをコントロールできる「企業向け最新化モデル」(CBB:Current Branch for Business )、(3)特定システム用途のPC向けにサポートライフサイクルの間、一切の機能追加を行わない「固定化モデル」(LTSB:Long Term Service Branch)--の3つだ。

 LTSBの提供モデルと管理方法は、従来のWindowsと同様だ。今回の記事では、WaaSに関連する「CB」と「CBB」について取り上げてみたい。

 「CB」は、Windows 10の標準的なアップデート提供モデルであり、すべてのエディションで利用可能だ。Insider Programなどの早期評価・検証を経て、Windows Updateにアップグレードモジュールが公開されたらすぐに適用される。つまり、インターネットに接続されているPCであれば、Windows Updateとの連携により、常に最新の状態が維持される。サポート対象は最新のバージョンのみであり、次のアップグレードモジュールが出ると旧バージョンはサポート終了になる。

 「CBB」は、基本的な仕組みは「CB」と同様だ。異なるのは、適用するタイミングを新バージョンのリリースから約4か月後に延期できる点である。Insider ProgramやCBを使う一般ユーザーからのフィードバックを反映し、より高い品質になったWindows 10を導入できるメリットがある。

 また、企業でのPC利用においては、Windowsの更新前に業務アプリケーションなどの動作検証が必要なケースが多い。そのような場合にCBBでは、動作検証が終わるまでの猶予期間を設定することが可能だ。

CBとCBBを切り替える手順

 CBとCBBの切り替えは、(1)Windows 10の設定メニュー、(2)グループポリシー、(3)プロビジョニング、(4)Windows IntuneなどのMDM基盤—から実行できる。

  • (1)Windows 10の設定メニューからの操作
    「設定」→「Windows Updateの詳細」メニューで、「アップグレードを延期する」にチェックを入れると、リリースから4カ月遅れでアップグレード用のモジュールが適用されるようになる。

  • Windows 10の設定メニューからCBとCBBを切り替える操作
  • (2)グループポリシーからの操作
    「コンピュータの管理」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「Windows Update」から、「アップグレードおよび更新を延期する」のポリシーを有効化することでCBB相当の動作に切り替わる。

  • グループポリシーからCBとCBBを切り替える操作

 なお、プロビジョニングやMDM連携による方法については、次回以降で改めて取り上げたい。

CBとCBBのサポートライフサイクルの違い

 CBとCBBのサポートライフサイクルの概念の違いは次の図の通りだ。


「CB」のサポートライフサイクル

「CBB」のサポートライフサイクル

 こちらの表記の通り、CBは常に最新のバージョンのみがサポート対象となり、CBBでは最新バージョンとその1つ前のバージョンの2つがサポート対象になる。サポート期間中は、累積更新プログラムの形でServicing Updateを提供する。CBBでは、サポート対象中の2つのバージョンに対して、それぞれのServicing Updateを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]