編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

PastomerとCoopetition:MSの「インテリジェントクラウド」戦略とは何か

羽野三千世 (編集部)

2015-12-17 16:28

 日本マイクロソフトは12月11日、プレス向けの勉強会を開催し、米Microsoftが掲げるクラウド戦略「インテリジェントクラウド」の意味と内容を説明した。

 Microsoftは2016年度(同社会計年度の2015年7月~2016年6月)から、決算書の事業セグメントを(1)Productivity and Business Processes、(2)Intelligent Cloud、(3)More Personal Computingの3つに変更している。前年度決算までは製品ごとにセグメント分けをしていた。新しい3つのセグメントにどの製品が入っているのか、詳細は公開されていないが、(1)はOffice、Dynamics CRM、Office 365など、(2)はMicrosoft Azureとサーバ関連の製品サービス群、(3)はWindows、Xbox、Surfaceなどが含まれる。

 インテリジェントクラウド戦略とは、Intelligent Cloudセグメントに含まれるAzureのクラウドサービスと、オンプレミスのWindows Serverに関連する製品サービス群ついてのビジョンということになる。ちなみに、米国時間10月22日に発表した2016年度第1四半期決算では、Intelligent Cloudの売り上げは前年同期比で14%増加している。


Microsoftの事業セグメント

 では、インテリジェントクラウドとは具体的にどのような戦略なのか。日本マイクロソフト クラウド&エンタープライズビジネス本部 クラウド&サーバ製品 マーケティング部 部長の斎藤泰行氏の説明によれば、インテリジェントクラウドとは、「コンピューティングサービスを社会インフラの如く提供できるようにするというビジョン」だ。Microsoftは、そのビジョンを実現するための手立てについて、「Pastomer」と「Coopetition」という2つの造語を使って説明している。

顧客を再販パートナーにするPastomer戦略

 Pastomerとは“Customer + Partner”だ。Microsoftの“Customer”である大企業の多くは自社データセンターを運用し、自社で使わない部分をコロケーションサービスとして外販をしている。このCustomer企業に、Azureを自社データセンターとのハイブリッドで再販する“Partner”になってもらおうというのがPastomer戦略だ。「国内では、約600社のエンタープライズ企業がPastomeのターゲットになる」(斎藤氏)という。

 Pastomerの国内事例では、関西電力グループが、自社設置のプライベートクラウド環境とAzureを専用線接続サービス「Azure ExpressRoute」でつなぎ、ハイブリッドクラウドサービスとして同社グループの顧客に提供している。

Red Hatとの提携に代表されるCoopetition戦略

 Coopetitionは“Cooperation(協力)+Competition(競争)”で、データセンター製品技術やクラウドサービスの競合他社と協力していこうというビジョンだ。11月に発表したRed Hatとの提携が良い例で、Azure上で稼働するRedHat Enterprise Linux(RHEL)のネイティブサポートや、オンプレミスのRHEL環境をそのままAzure上に持ち込めるなど、競合との協力関係を強化している。

 Azure上の競合製品をサポートするだけでなく、AWSやOpenStack環境のプライベートクラウドとも協力していく。Azure、AWS、VMware、OpenStackの異種クラウド上で稼働するそれぞれのアプリケーションに1つのIDでサインインできる仕組み「Enterprise Mobility Suite」や、異種クラウド間でインスタンスを統合管理する仕組み(「System Center」と「Operations Management Suite」)を提供することも、Coopetition戦略の一環だ。


Coopetition戦略

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]