編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Google Drive」、新たなセキュリティ研究助成プログラムに100万ドルを準備

Rachel King (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2015-12-18 12:06

 Googleのクラウドストレージ「Google Drive」部門は、独自のデータセキュリティを支えるための新たなファンドを設置して、バグ発見報奨金の取り組みを強化する。

 Google Drive担当部門は米国時間12月17日、新しい研究助成金プログラムを発表した。Googleのデータセキュリティ改善に取り組んでいるフリーのセキュリティ研究者を後押しするものだという。

 Google Driveの製品マネージャーを務めるKevin Nelson氏はブログ投稿の中で、Googleが独自のカスタムデータセンターおよびインフラを使用してデータやコンテンツ(スマートフォンからタブレットまで、さまざまなデバイスの写真や動画など)を保護している現状を簡単に説明した。

 Google社内の500人を超えるセキュリティ専門家に加えて、Nelson氏が強調したのは、フリーのセキュリティ研究者がもたらす貢献の価値だ。

 そこで、他のさまざまな奨励プログラムに続き、Googleは最新の研究助成金を創設する。深刻な問題を発見して報告した研究者に提供される最大2万ドルのバグ発見報奨金を維持することに加えて、2016年には当初プールする資金として100万ドルを用意するという。

 Nelson氏は、「皆さんが(クリスマスに飲む)エッグノッグをすすっている間も、われわれは皆さんのファイルが安全な状態でいられるように見張っておこう」と冗談めかして書いている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]