編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、ビッグデータ分析を手がけるMetanautixを買収

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-21 10:43

 Microsoftは米国時間12月18日、ビッグデータの分析を手がけるMetanautixを買収したとブログで発表した。買収金額は明らかにされていない。

Microsoftはビッグデータの分析を手がけるMetanautixを買収したことを発表した。

 Metanautixは、SQLを用いることで、構造化データと非構造化データをあますところなく抽出/処理できる分析エンジンを搭載した製品を提供している。同社のデータコンピュートエンジン「Quest」により、どのようなデータでも、そのフォーマットにかかわらず、単一のテーブルとして組み合わせることが可能になる。またQuestはオンプレミスやクラウド、あるいは双方に格納されたデータを扱うことができる。

 Microsoftのデータグループのコーポレートバイスプレジデントを務めるJoseph Sirosh氏は同ブログで「(Metanautixの)ソリューションによって、『SQL Server』、あるいはOracleやTeradataの製品といった従来型のデータウェアハウスや、『MongoDB』や『Apache Cassandra』といったオープンソースのNoSQLデータベース、Salesforce.comの製品といったビジネスシステムのほか、クラウドやオンプレミスに格納されているその他さまざまなデータソースをまたがったデータの統合が可能になる。Metanautixのアプローチにおける肝は、最も広く普及しているデータ照会言語であるSQLを使うことで、さまざまなデータを高速かつスケーラビリティに優れたかたちで操作できるようにするところだ」と述べている。

 MicrosoftがMetanautixのテクノロジをどのようにSQL Serverや「Cortana Analytics Suite」に取り入れるかという計画の詳細を「今後数カ月中に」明らかにするとSirosh氏は述べた。

 Metanautixはカリフォルニア州パロアルトを拠点とする企業で2012年に設立された。WorkdayによるベンチャーファンドWorkday Venturesの投資先の1社でもある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]