編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オープンテキスト、非構造データから見る米大統領選挙報道の分析サイトを公開

NO BUDGET

2016-02-11 07:30

 米国OpenTextは、2016年米国大統領選挙関連のメディア報道を視覚的に監視、比較、分析できる選挙ツール「Election Tracker '16」を公開した。

 米国大統領選挙に関する現在のメディア報道の全体像を伝えるものとして、無料で利用できる。同社日本法人のオープンテキストが2月10日、発表した。

 このサイトでは、オンラインニュース記事や世界各国の報道局から発信されるテキストを収集し、報道機関、大統領候補、話題のトピック、論調別に報道内容を要約、比較する形でダッシュボードを生成、報道機関からの発表に応じて選挙のトレンドを可視化するという。

 このツールを使用することで、トピックや期間、地理、感情別の言及に基づく候補者を比較することもできる。トピックは、選挙の主な争点を表すものとして、報道発表から動的に生成される。

Election Tracker
Election Tracker '16(オープンテキスト提供)

 なお、このElection Tracker '16の構築には、オープンテキストのビジネスプロセス管理ソフト「Process Suite」エンタープライズコンテンツ管理(ECM)「Content Suite」などが使用された。文書、ウェブサイト、SNS、Eメール、文書アーカイブ(PDF)、RSSフィード、ブログ、さらには、EIM、ECM、CRMなどのコアエンタープライズシステムを含む、あらゆる非構造化ソースのデータにアクセスし、収集することが可能だという。

 これらのソースを構造化データと組み合わせることにより、顧客の感情、ディスカッション、ブランドカバレッジ、メディア、インターネットのトレンドなどのテーマについて、企業の全体像などが得られるとしている。

 OpenTextはElection Tracker '16を、非構造化データ分析の能力と重要性を裏付ける事例と位置付けているという。非構造化データのソースとして、記事そのものを用いて選挙関連の報道内容を評価できる点をアピールしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]