編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
調査

世界のスマホ販売、2015年4Qは2008年以降最も低い伸び--アップルは前年を下回る

Danny Palmer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-19 12:55

 世界スマートフォン販売台数が2008年以降最も低い伸びを記録したことが、調査会社Gartnerが発表した数字で明らかになった。

 2015年10~12月期に販売されたスマートフォンは合計4億300万台で、前年同期比で9.7%増加した。とはいえ、報告書「Market Share: Devices, All Countries, 4Q15 Update(市場シェア:端末別、国別、2015年第4四半期の最新レポート)」で明らかにされた数字は、初代「iPhone」が登場し、スマートフォンブームが始まって以来最低の伸び率となったことを示している。

 伸び率は低下したものの、スマートフォン全体の販売台数は増加を続けており、2015年は14億台となった。ただし、この増加はAppleによるものではない。Gartnerの計算によると、Appleの四半期で見た「iPhone」販売の伸びは、初めて低下したという。

 Appleが2015年第4四半期にエンドユーザー向けに販売した端末台数は約7100万台で、前年同期の約7500万台を下回った。

 Gartnerの数字は、Appleが減少した分、サムスンが増加したことを示唆しており、2015年第4四半期は韓国のサムスンが世界市場シェアと端末販売台数で、米国のライバルとの差を広げた形だ。同四半期にサムスンが販売したスマートフォンは8300万台で、前年同期の7300万台から1000万台の増加となった。

 こうした販売台数の伸びにより、2015年第4四半期のサムスンの市場シェアは20.7%に拡大し、単独のメーカーとして最大の市場シェアを獲得した。

 サムスンは2015年通期の全スマートフォン販売台数でもAppleを上回り、3億2000万台超となった。サムスンの市場シェアは22.5%で、Appleを上回った。Appleの2015年通期のiPhone販売台数は約2億2600万台で、市場シェアは15.9%だった。

 こうした素晴らしい数字にもかかわらず、サムスンが2015年のスマートフォン市場全体に占めるシェアは、実際には減少している。その理由として、Huawei(ファーウェイ)、Lenovo、Xiaomi(シャオミ)といった中国企業との競合が激化していることがあるようだ。

 Huaweiだけを見ても、同社の世界全体のスマートフォン販売台数は、2014年の6800万台から2015年の1億400万台に増加した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]