編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

富士通、ドコモの仮想化技術を用いたモバイルコアネットワークのシステム構築支援

NO BUDGET

2016-03-28 07:00

 富士通は3月25日、NTTドコモが2016年3月9日に商用開始した、仮想化技術を適用したモバイルコアネットワークのシステム構築を支援したと発表した。

 具体的には、SDN技術を活用した仮想化環境におけるネットワークの構築と、仮想化基盤においてデータの送受信、ユーザー認証、課金などを行うEPC(Evolved Packet Core)ソフトウェアのライフサイクルを管理するVNFM(Virtual Network Function Manager)ソフトウェアを活用し、システムを構築した。

 EPCとは、LTE無線アクセスをはじめとする多様な無線アクセスに対応し、ユーザーの認証、移動制御、課金やQoS制御などの機能を提供する、オールIPパケット化を実現したモバイルコアネットワークアーキテクチャ。VNFMソフトウェアとは、EPCソフトウェアの作成、起動、停止、増減設などのライフサイクルを実行するソフトウェアを指す。

 富士通では、長年の大規模ネットワークの構築実績やノウハウをもとに、厳しいキャリアネットワークの品質要件を満たし、オーケストレータ(仮想化環境において仮想サーバやEPCソフトウェアの設定を統合的に行う仮想化管理システム)との連携を実現する仮想化ネットワークの構築を支援した。

 今回は、シスコシステムズのSDN製品「Application Centric Infrastructure(ACI)」が活用されている。ACIはデータセンタースイッチ「Cisco Nexus 9000」シリーズとコントローラソフトウェア「APIC(Application Policy Infrastructure Controller)」で構成されるファブリック型ネットワークアーキテクチャで、大量のネットワーク機器に対する複雑なネットワーク構成定義の設定を自動化できる。これにより、物理ネットワーク上に仮想ネットワークを迅速かつ容易に構築できたという。

 EPCソフトウェアの管理には今回、ノキアのVNFMソフトウェアを活用し、マルチベンダー環境での仮想化基盤とのシステム統合を可能にした。

仮想化ネットワークシステム
仮想化ネットワークシステム(富士通提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]