編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

開発者向けにRHELの無料サブスクリプションを日本でも提供

NO BUDGET

2016-04-18 16:42

 レッドハットは開発者向けの無料のRed Hat Enterprise Linux(RHEL)サブスクリプション「Red Hat Enterprise Linux Developer Suite」の提供を開始した。開発者向けプログラムである「Red Hat Developer Program」の一環となる。4月14日に発表した。

 自己サポート、非実運用のRHEL Developer Suiteには、「Red Hat Enterprise Linux Server」のほかに開発ツールが含まれる。RHEL Developer Suiteに含まれる長期サポート付きの開発ツールはPython、PHP、Ruby、OpenJDK 7(1.7)、OpenJDK 8(1.8)などがある。RHELの各メジャーリリースにオペレーティングシステムのような10年間のサポートを備えた基本ツール群が付属する。

 また、複数のオープンソースのプログラミング言語、データベース、ウェブサーバ、開発ツールが毎年アップデートされ、「Red Hat Software Collections」「Red Hat Developer Toolset」を通して最新の安定バージョンをパッケージ化して提供される。

 Red Hat Developer Programのリソースのカタログには現在、RHEL Developer Suiteと「Red Hat JBoss Middleware」ポートフォリオへのアクセスが含まれており、いずれも無料のデベロッパーサブスクリプションを通して利用できる。

 これらのサブスクリプションによって、開発者はRed Hatのエンタープライズグレードテクノロジにより容易にアクセスし、ローカルアプリケーション開発にだけ利用できる。実運用には有料のサブスクリプションレベルが必要。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]