編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら
デプロイ王子のテクノロジ解説!

サーバなのに?サーバがない?サーバレスアーキテクチャの使いどころ - (page 3)

廣瀬一海(デプロイ王子)

2016-05-10 07:00

Serverlessの用途

 ここまでは仕組みについて解説をしてきましたが、Serverlessはどのような利用用途に向いているのでしょうか。

 Serverlessはマルチティア実装を楽にするための仕組みであり、非同期実行処理を受け持つような以下に挙げるタスクが向いているといわれています。

  1. 画像処理
    サムネイル作成、顔の検出、各プラットフォームに合わせて複数のサムネイルや縮小画像などを準備する用途など
  2. ドキュメント処理
    ElasticsearchやApache Solar、クラウドで提供されるサーチサービスのインデックスを作る前処理などとして、WordファイルやPDFファイルから文書を抽出したりする処理など
  3. ウェブクローラ
    並列性を生かして、指定したURLへアクセスして情報を収集するクローラなど
  4. プッシュ通知
    非同期性を生かして、アプリで共用できる各プラットフォームにプッシュ通知するAPIを作る場合など
  5. 汎用テキスト処理
    実行時間範囲内でテキストから特定の文字列を除いたり、チャットやボットのレスポンスに使ったりなど
  6. SMSの送受信
    Twilioなどとの併用でAPIをコールしたら、SMSや電話を行う仕組みなど
  7. メールの送信
    SMTP部分のWrapper APIとして、アプリからAPIをコールによって、簡単にメールが送信できる仕組みなど
  8. CRONなどのスケジューラの置き換え
    スケジューラを利用し、特定時間に実行する簡単なタスクの呼び出しや外部APIのキックなど
  9. Webhookのイベントの処理
    外部Webhookから呼び出し先として、他のWebhookに連携する場合など
  10. ログ格納
    ログのフォーマットの変更や整形処理、フィルタやマスク処理など

Serverlessの面白さ

 筆者自身も、Serverlessの仕組みを調査しながらさまざなテストを行っているのですが、この仕組みの面白さはクラウドの各種サービスやWebhookとの併用によって、その旨味が増すところだと思っています。

 クラウドベンダーも、その点を理解しているのでしょう、各ベンダーのサービスがWebhookポイントの実装を始めています。これによって、例えば、AWSのS3ではファイルが設置されたら、Webhookを介してLambdaを呼び出すことが可能になり、ログが設置されたらLambdaでフォーマットするなどの使い方が出てきています。従来では常駐プログラムなどによって、ポーリングでファイルを確認するなどしていた仕組みがトリガによる仕組みに変わることで、実装量が大幅に減らせる可能性があります。

 手軽な方法でサービス同士の連携ができる、この仕組みの今後が筆者もとても楽しみです。

廣瀬一海
愛称「デプロイ王子」。1997年からOSSやLinuxを活用し、主にインターネット向けサーバシステムの設計や無停止設計、分散設計と構築などを担当する。日本医師会総合政策研究機構(日医総研)客員研究員、日本コンピューター、pnop CTO、アイレット クラウドパック事業部 シニアソリューションアーキテクトを経て、2015年12月から日本マイクロソフトのクラウドソリューションアーキテクト。2012年/2013年/2014年/2015年にMVP Award Program Microsoft Azure受賞。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]