ソラコム、24億円を資金調達--製造業のニーズに応え世界へ

山田竜司 (編集部)

2016-05-11 13:00

 ソラコムは5月10日、World Innovation Lab(WiL)、Infinity Venture Partnersなどから、総額約24億円の資金調達を完了したと発表した。 グローバルでのサービス展開などに充てるという。

 ソラコムはNTTドコモの仮想移動体サービス事業者(MVNO)として従量課金で価格を抑えたSIMとAWSのクラウドをつなぐサービス「SORACOM」を展開。最小限の初期投資でIoT環境を構築できることからユーザーが拡大し、現在2000超の顧客がいるという。

 今回、資金調達した24億円は、主に、迅速なグローバル展開と、SORACOMのサービスや開発強化に充てる。

 同社では2015年末からグロ―バル担当を設置。現在、欧州や米国、アジアなどで各国の通信キャリアと交渉を進めており、交渉がまとまった地域からMVNOとしてサービスをスタートする予定という。AWSがサービス展開している地域で、通信キャリアとの提携が済み次第、最小限の投資でIoT環境を構築できるようになる。

 また、特にグローバルに拠点を持つ製造業などの要望に応えるかたちで、グローバル展開を加速させている側面があることを明かした。製造業で海外を中心拠点と位置づける企業は多く、現在日本でソラコムのサービスを利用しているユーザーが、海外でもそのまま使うことを想定している。

 場所は未定ながら2016年中には海外拠点を設け、グローバルでサービスを展開する予定という。2015年の創業以来、資金調達金額の総額は約31億円になった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]