ハッカーのGhostShell、3600万件のアカウント情報をリーク--システムが「貧弱に設定されている」ことへの抗議と主張

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年06月06日 11時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE GhostShellと呼ばれるハッカーが3600万件にものぼると見られるアカウント情報を盗んだ。GhostShellは認証を必要としない110台のウェブに接続されたサーバから、膨大なデータベースをダウンロードしたという。ダウンロードされたデータの数は、正確には確認されていない。

 GhostShellは、インターネットに接続されたデバイス向けの検索エンジンShodan.ioなどのポートスキャンツールを利用して、人気のデータベースソフトウェアMongoDBが動くサーバを探し出した。そして、システムが「貧弱に設定されている」ことへの抗議として、圧縮されていない6Gバイト分のファイルで構成されるキャッシュをアップロードした。

 ハッカーたちが不正入手したデータを投稿する場となっているPastebinで、GhostShellは「ルートユーザアカウントとパスワードを設定したり、オープンなポートをチェックしたりしないと何が起こるか、認知を高めたかった」と自分の行動の目標を説明している。

 多くのシステム管理者は「新たに設定したサーバにオープンなポートがないかなど、わざわざチェックしていない」とも記している。つまり、誰もがユーザー名とパスワードなしにデータにアクセスできることになる。

 盗み出されたデータベースが何に使われ、誰が運営していたのかはすぐにはわからない。

 多くはAmazon Web Services(AWS)、Rackspaceなどのよく知られたプロバイダによりホスティングされているものだ。

 データベースはすべて異なるが、フルネーム、ユーザー名、生年月日、電子メールアドレス、電話番号、性別、(クレジットカードが拒否されたことなどの)支払ゲートウェイ情報、仕事とその肩書き、さらには結婚記念日までも含まれている。FacebookやTwitterのID、プロフィールの写真、サービス認証で利用するトークンなど、ソーシャルサービスが関連した情報もある。

 この中には、電子メールの中身がすべて入っているものもあり、「機密」となっているものもあった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算