編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

「WordPress」の「WP Mobile Detector」プラグインに脆弱性

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-06 10:53

 コンテンツ管理システム(CMS)「WordPress」のプラグインである「WP Mobile Detector」にゼロデイ脆弱性が発見された。同プラグインは、モバイル機器の種類を検出し、最適なかたちでコンテンツを提供するためのものであり、1万を超えるウェブサイトで使用されているという。

 この脆弱性はPlugin Vulnerabilitiesの研究者らによって発見され、米国時間5月31日に同社ブログで発表された。

TechRepublic Japan関連記事

 同社の研究者らが潜在的な問題に気付いたのは、WP Mobile DetectorをインストールしていないCMSのドメインに向けて、同プラグインのファイルであるblog/wp-content/plugins/wp-mobile-detector/resize.phpに対するHEADリクエストが送られてきたのがきっかけだ。

 研究者らによる詳細な調査の結果、これは「何者かがプラグインに存在する脆弱性を攻撃する前に、同ファイルの存在をチェックしている」可能性が高いという結論に達した。

 セキュリティ企業Sucuriによると、このゼロデイ脆弱性自体は「容易に悪用できる」ものだという。同脆弱性により、簡単なPOSTリクエストを送信するだけで、悪意のあるファイルをウェブサイトにアップロードし、バックドアとして機能させることが可能になる。

 Sucuriは同社ブログに「これは信頼できない出所からの入力を検証、サニタイズ(無害化)していないことに起因する単純な脆弱性だ。セキュリティ上のチェックが実行されていないため、攻撃者は変数srcにPHPのコードを含む悪意あるURLを設定できるようになっている」と記している。

 この脆弱性は、ポルノ絡みのスパムスクリプトをロードするために悪用されている。

 WP Mobile Detectorの開発チームは5月29日に、wordpress.orgのPlugin Directoryは その2日後にこのゼロデイ脆弱性について報告を受け、同プラグインは一時的に削除された。

 数日前の時点で、同プラグインの有効な状態でのインストール数は1万を超えていた。

 5月31日、同プラグインの開発者らは問題を修正し、同プラグインは復旧した。ユーザーはバージョン3.6か3.7にアップグレードする必要がある。いずれのバージョンも、今回の脆弱性を悪用した攻撃の影響を受けない。


提供:WP Mobile Detector

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]