編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

NVIDIA、サーバ向けGPU「Tesla P100」を発表

Asha Barbaschow (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-22 10:51

 NVIDIAはサーバ向けPCIeカード型GPU「Tesla P100」を2016年第4四半期に発売すると発表した。

 NVIDIAによれば、同社の「Tesla Accelerated Computing Platform」の最新製品であるこのGPUは、CPUベースの汎用ノード32台分以上のスループットを提供する「スーパーノード」の実現を可能にし、金銭的コストと運用コストを最大70%削減できるという。


提供:NVIDIA

 NVIDIAのアクセラレーテッドコンピューティング担当バイスプレジデントIan Buck氏は、「HPCやAIによって、スーパーコンピューティングに対する研究者の需要は際限なく増えており、これに対応するには、アクセラレーテッドコンピューティングの道に進むしかない」と述べている。

 Tesla P100は、PCIeの形式で提供され、GPUアクセラレーションに対応しているサーバのほとんどで利用できる。

 NVIDIAによれば、1台のTesla P100搭載サーバは、AMBER分子動力学コードの実行に関して、CPUのみのサーバノード50台よりも高いパフォーマンスを発揮し、VASP材料科学アプリケーションを、CPUのみのノード32台分よりも高速に実行できるという。

 このGPUはNVIDIA GPU BOOSTテクノロジを使用しており、倍精度では4.7テラフロップス、単精度では9.3テラフロップス、半精度では18.7テラフロップスの性能を発揮する。

 Tesla P100 GPUアクセラレータには2種類の構成が用意されており、16GバイトのCoWoS HBM2スタックドメモリを搭載する構成ではメモリ帯域幅は720Gバイト/秒、12GバイトのCoWoS HBM2スタックドメモリを搭載する構成ではメモリ帯域幅は540Gバイト/秒となる。

 NVIDIAは5月、最新のGPUである「GeForce GTX 1080」を発表している。同社によれば、この製品は9テラフロップスの処理性能を持ち、8GバイトのGDDR5Xメモリを搭載しており、「GeForce GTX 980 Ti」や「GeForce GTX TITAN X」よりも高速で、しかも電力効率が3倍になったという。

 GeForce GTX 1080はNVIDIAのPascalアーキテクチャを採用した最初のゲーミングGPUだ。同社は、この製品は世界を見て、学習し、シミュレーションするコンピュータのエンジンとしての目的を持って作られたと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]