編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Linux版「Skype」のアルファ版がリリース--WebRTCを採用

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2016-07-15 11:16

 Microsoftは米国時間7月13日、Linux版「Skype」アプリのアルファ版「Skype for Linux Alpha」をリリースした。

 この新しいクライアントアプリはWebRTC(Web Real-Time Communication)クライアントで、Skypeの新しい通話機能のアーキテクチャを利用している。つまり、Skype for Linuxユーザーは、「Windows」「Mac」「iOS」「Android」版Skypeのユーザーとは通話できるが、古いSkype for Linuxクライアントを利用しているユーザーとは通話できなくなるということだ。

 新しいアルファ版Skype for Linuxクライアントは、Microsoftのウェブサイトからダウンロードできる。

 Microsoftはさらに13日、「Chromebook」またはLinux版「Chrome」ブラウザを利用している人は誰でも、Skypeを利用して1対1またはグループでの音声通話ができるようになったと発表した(Chromebookユーザーはすでに、Skypeでメッセージのやり取りはできるようになっていた)。

 同日より、ChromebookまたはLinux版Chromeを利用している人なら誰でも、「web.skype.com」にアクセスしてこの機能を使えるようになった。

 Microsoftは次のように述べている。「これもWebRTCをベースにしたSkypeのアルファ版であり、『Skype for Linux』クライアントのアルファ版と同じ機能を引き継いでいる。これは当社にとって、『Microsoft Edge』以外でもORTC(Object RTC)機能を利用できるようにする最初の一歩だ」

 Microsoftのブログ投稿によると、ビデオ通話機能や固定電話および携帯端末との通話機能は、Linux版ChromeブラウザとChromebook向けに「近いうちに提供開始」されるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]