編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

富士通、Office 365ベースの社内情報共有クラウドを全従業員16万人に展開

阿久津良和

2016-09-01 18:06


富士通 執行役員常務 グローバルマーケティング部門長 阪井洋之氏(左)、日本マイクロソフト 代表取締役 社長 平野拓也氏(右)

 富士通は9月1日、自社クラウドサービスと「Office 365」や「Microsoft Azure Active Directory Premium」を連携させたデジタルビジネスプラットフォーム「MetaArc」を、富士通グループの全従業員約16万人に展開すると発表。さらに、顧客向けのMetaArcビジネスの拡大に向けて、日本マイクロソフトと連携を強化することを明らかにした。

 富士通は2010年から自社のグローバルコミュニケーション基盤の統一化を始めている。メールやポータルサイト、Lync(現Skype for Business)を使ったウェブ会議、掲示板などをオンプレミスサーバ上に統合した。

 2013年以降は、ナレッジ共有促進と音声システムの見直しを図るため、社内SNSやソフトフォンを導入した結果、95%の従業員がウェブ会議を年間130万回利用し、近年は経営層からのメッセージや従業員同士の情報共有に用いる動画コンテンツ数も1500件まで増加。従業員のエンパワーメントにつながり、2016年6月時点で社内SNSのコミュニティ数は3600件に達している。組織内のプロジェクトや組織横断のワーキンググループで活用することで、社内の共同作業を促進させ、そこから生まれた特許出願数も20件に達したという。

 富士通はこの取り組みをさらに加速させるため、これまでオンプレミスサーバ上で構築してきた自社のグローバルコミュニケーション基盤を、クラウドへ刷新することを今回発表した。

 核となる「Office 365」は、電子メールや従業員のスケジュール管理などを担い、社内SNSは「Yammer」へ移行する。さらに2000を超える他社クラウドサービスとの連携や、マルチクラウド環境でのSSO(シングルサインオン)/多要素認証を実現する「Azure Active Directory Premium」を導入。富士通独自の手のひら整脈認証などとも連携する本システムを、富士通ではデジタルビジネスプラットフォーム「MetaArc」と呼び、富士通グループ約16万人の全従業員に向けて2017年1月から展開を開始し、2017年3月から運用をはじめる。また2018年3月を目標にグローバルへ展開する計画だ。


「MetaArc」の概要

 システムを刷新する効果として、富士通 執行役員常務 グローバルマーケティング部門長 阪井洋之氏は、「オンプレミスだとタイムラグが発生し、個人ごとに環境が異なるケースが散見された。(今回の刷新により)利用者全員が最新機能を利用できると同時に、認証基盤の統一で利便性と安全性が高まる」と期待を示した。コスト面も3割程度の削減を見込んでいるという。

 利用者16万人という大きな導入事例となった本件に対して、日本マイクロソフト 代表取締役 社長 平野拓也氏は、「最大級の展開。日本マイクロソフトとしてもインパクトは大きい」と高く評価する。

自社運用のノウハウを顧客へ提供、日本MSとサポートで連携

 さらに富士通では、自社内でのMetaArcの運用ノウハウを顧客へ展開し、2018年度までにグローバルコミュニケーション基盤ビジネスで500億円の売上げを目指すとした。これについて平野氏は、「富士通の強みは、経営層に対するビジョン提案。社内導入ノウハウを顧客に提案することで、業務改革やワークスタイル変革支援と同時に、パブリッククラウドが業界の事実上の標準というメッセージにつながる」と述べた。

 MetaArcの顧客サポートの強化に向けて、2社は、富士通の浜松町オフィスにあるFujitsu Digital Transformation Center(DTC)と、日本マイクロソフトの品川オフィスにあるMicrosoft Technology Center(MTC)を連携させた「デジタルトランスフォーメーションコネクトプログラム」を提供することも発表した。


DTC Studio Cの様子。最新ICTの体験デモンストレーションなどを交えて、2時間ほどのレクチャーが受けられる

 同プログラムは、ワークショップ型のデザイン思考アプローチで、顧客に対して先端技術の体験と課題解決支援を提供する。MTCではMicrosoftのグローバル経営レファレンスや、最新技術、ソリューションの提供、セキュリティ対策を体験できる環境を提供。一方のDTCは共創ワークショップ空間として運用し、顧客の課題解決支援を行う。同プログラムについて各登壇者は、「年間200件のデジタル革新の案件を生み出したい」(阪井氏)、「相乗効果で顧客にデジタル革新を提案できる」(平野氏)、「体感することで将来的な道標を実感できる場所となる」(Microsoft ASIA President and Microsoft CVP Ralph Haupter氏)と抱負を語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]