「Google Analytics」のモバイルアプリ、インサイトの把握が容易に--機械知能を活用

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-05 10:11

 Googleは、「Android」と「iOS」用の「Google Analytics」アプリに新しい自動化されたインサイトのストリームを導入した。企業がデータから簡単に情報収集できるようにする。

 このストリームは、「Google Analyticsで報告可能な多数のディメンションと指標の組み合わせの中」からトレンドを検出するマシンインテリジェンスを利用しているとGoogleのプロダクトマネージャーAjay Nainani氏は説明している。

 Nainani氏によると、例えば小売業者はストリームを利用して年末商戦中に好機をすばやく見出すことができるようになるという。インサイトのストリームで、「通常よりも早いペースで売り上げを伸ばしている製品、コンバージョン率や回収率が最も高い広告チャネル、自社ブランドとのエンゲージに顧客が使用する端末を把握することができる」(Nainani氏)。

 トレンドをいち早く把握できるようにするだけでなく、Google Analyticsの新機能で、インサイトの共有が容易になるほか、Analyticsデータを改良するためのヒントを得ることもできる。また、ユーザーのフィードバックに基づき、時間の経過に伴って学習能力が高まるようになっている。

 新機能はモバイルで提供されている。Googleはこの新しいストリームを、Google Analyticsのウェブ版や英語以外でも利用できるようにしようと取り組んでいるとしている。

「Google Analytics」のモバイルアプリ、インサイトの把握が容易に--機械知能を活用

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]